思川-自然の館-

自然の館へ、ようこそ・・・。栃木県を流れる思川流域の自然を画像で紹介しています。

コウノトリ・アオサギ

コウノトリ・アオサギ

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
◆散歩をしていて、アオサギに出逢うと、いつも、神さんは、「大きいね~~」と・・・。しかし、昨日は、アオサギ10数羽と、コウノトリ、ひかる君が、共にいるのを見て、アオサギが小さく見えたようでした・・・。〔渡良瀬遊水地、2018.5.12〕
◇D800+500+安物三脚、APS-Cサイズ設定750ミリ相当で撮影。さらに、トリミング。

〔お詫び・訂正〕コウノトリの名前を、「きずな君」としていましたが、「ひかる君」であるとの、ご指摘を頂戴しました。確認しましたところ、間違えでした。お詫びして、訂正致します。

スポンサーサイト
  1. 2018/05/13(日) 17:07:38|
  2. ★思川流域の鳥
  3. | コメント:4
<<アオサギ | ホーム | コヨシキリ>>

コメント

Re: タイトルなし

ご教授、感謝致します。
  1. 2018/05/14(月) 23:39:51 |
  2. URL |
  3. おもいがわ・omoigawa #-
  4. [ 編集 ]

Re: さゆうさんへ

こんばんは。
コメントありがとうございます。
このコウノトリは、千葉県野田市で籠出しされた子です。
放たれてから何回か飛来しているらしいですが、私の初認は、昨年夏です。
コウノトリは、我が国では、絶滅種ですよね。
この子は、ロシア→某動物園→野田市に提供された個体から生まれた子だそうです。
その意味では、人為的な「侵入」、外来種ということなのでしょうね。
そちらのタンチョウとは、違いますよね。
この日、両種がいた場所は、大きな水溜りになっている場所で、魚が多くいたようです。
盛んに、採餌していました。
私が観ている間は、喧嘩は確認できませんでした。
むしろ、アオサギが仲間で争っている感じでした。
コウノトリを、一番、恐がっていたのは、トビでした。近付くと、逃げていました。
カルガモは、不動と言う感じでした。
また、この冬、ケアシノスリに突っ込んで行く姿を観ましたが・・・。

> コウノトリはどのくらいまで増えたのでしょうか。
前記しましたように、この個体は、野田市で籠出しされたものです。
現在、私がこちらで確認したのは、「ひかる君」と「きずな君」の2羽です。
2羽共に、雄だそうです。
これまでに数羽、放たれ、今年も、籠出しされるとか・・・。

私の場合、この子たちの追っかけではありませんが、今後も再会したら、できるだけ、観て行こうと思います。
それに、昔、この地域に、コウノトリは生息していたのか。いたなら、どれくらいいたのか、知りたいですね。
素人ですから、調べようがありませんが・・・。
  1. 2018/05/14(月) 23:32:20 |
  2. URL |
  3. おもいがわ・omoigawa #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2018/05/14(月) 08:26:46 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

おはようございます。
サギとコウノトリ、詐欺の楽園にコウノトリが侵入してきた感じですね。
食性が同じようなので、つい集まるんでしょうね。
コウノトリはどのくらいまで増えたのでしょうか。
  1. 2018/05/14(月) 07:50:12 |
  2. URL |
  3. さゆうさん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

おもいがわ・omoigawa

Author:おもいがわ・omoigawa
◆思川流域の自然を、画像で紹介する素人です。カメラを担いで、毎日、散歩しています。でも、良い画像は、撮れません。どこかで、お逢いできるかも・・・。


◆カメラ
ニコン
・D70(2005~2012)
・D300(2007~)
・D500(2016~)
・D800(2013~)
フジフィルム
・FINEPIX SL1000(2013~)


◆レンズ
ニコン
・18~70ミリF3.5-4.5G・DX
・28~70ミリF3.5-4.5D
・70~300ミリF4.5-5.6G・VR
・200~500ミリF5.6E・VR
シグマ
・120~400ミリF4.5-5.6・OS
ニコン
・45ミリF2.8P
・50ミリF1.4D
・60ミリマイクロF2.8G
・500ミリF4G・VR(2013~)


◆主目的は、リハビリ散歩ですので、99パーセント手持ちで撮影しています。

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

カテゴリ

◆ごあいさつ (1)
★思川の紹介 (2)
★思川流域の風景 (41)
★思川流域の鳥 (10)
アトリ科 (46)
イワヒバリ科 (2)
ウ科 (15)
ウグイス科 (38)
エナガ科 (23)
カイツブリ科 (21)
カッコウ科 (3)
カモメ科 (12)
カモ科 (94)
カラス科 (30)
カワガラス科 (0)
カワセミ科 (19)
キクイタダキ科 (1)
キツツキ科 (30)
キジ科 (24)
クイナ科 (8)
ゴジュウカラ科 (2)
サギ科 (71)
シギ科 (103)
シジュウカラ科 (29)
スズメ科 (7)
セイタカシギ科 (7)
セキレイ科 (41)
セッカ科 (3)
センニュウ科 (8)
タカ科 (132)
タマシギ科 (5)
チドリ科 (63)
ツグミ科 (53)
ツバメ科 (12)
ツバメチドリ科 (5)
トキ科 (6)
ハタオリドリ科 (7)
ハト科 (6)
ハヤブサ科 (42)
ヒタキ科 (41)
ヒバリ科 (10)
ヒヨドリ科 (4)
フクロウ科 (21)
ホオジロ科 (51)
ミサゴ科 (10)
ムクドリ科 (6)
メジロ科 (18)
モズ科 (25)
ヨシキリ科 (8)
レンジャク科 (7)
★思川流域の昆虫 (19)
アゲハチョウ科 (43)
シジミチョウ科 (44)
シロチョウ科 (32)
ジャノメチョウ科 (4)
セセリチョウ科 (16)
タテハチョウ科 (64)
アゲハモドキ科 (1)
アオイトトンボ科 (3)
イトトンボ科 (5)
オニヤンマ科 (4)
カワトンボ科 (7)
サナエトンボ科 (4)
トンボ科 (32)
ヤンマ科 (2)
バッタ科 (5)
カミキリムシ科 (2)
★思川流域の植物 (58)
★思川流域の魚 (6)
★思川流域の諸動物 (51)
★諸地域の諸事象 (1)
★諸思川の風景 (1)
◇栃木県の動植物 (1)
◇北海道の動植物 (188)
◇富山県の動植物 (2)
☆お知らせ (37)
◆開発計画地情報 (42)
レンカク科 (2)
ムシクイ科 (1)
ミソサザイ科 (3)
コウノトリ科 (8)

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード