思川-自然の館-

自然の館へ、ようこそ・・・。栃木県を流れる思川流域の自然を画像で紹介しています。

チュウヒ・◆開発計画地情報

チュウヒ

チュウヒ

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
まだ、いた、チュウヒです。一昨日も、飛んでいました。越夏するのでしょうか・・・。気付くのが遅れ、斜め後方から・・・。〔渡良瀬遊水地、2016.4.22〕


開発計画地情報
◆しばらく、お休みしていましたが、「開発計画地情報」を再開します。小山市は、両毛線鉄橋上流右岸を、「思川豊田緑地=スポーツ・レクレーションの場=広い芝生広場」として、開発を計画しています。現状は、昨年度、本格的な測量杭が打たれ、近い将来、工事が進行するものと思います。以前の市への質問では、28年度か、29年度に工事開始ということでした。
◆しかし、今年も、生物たちの子育ての季節となり、計画地は、賑わっています。計画が進行すれば、毎年の、こうした、生物たちの営みは、完全に消滅してしまいます。
◆以前、市に対し、開発にあたって、十分な調査を実施したのか、との質問をしましたが、その時点では、行っていないということでした。それから1年ほどが経過しましたので、最低でも年間を通した調査を実施したものと予想しております。僅か、1年の調査でも、多様な生物が確認できたはずです。素人でも分かるのですから・・・。市の様々な施策・主張から判断して、強引な開発はできないということも理解なさったと思います。
◆いずれにしても、同所は、様々な生物が生息している場所であり、国・県指定の絶滅危惧種が生活している場所でもあります。
◆小山市には、ホームページに「市長へのメール」というものがありますので、とりあえず、4月29日、以下のように、要望しておきました。連休明けには、回答が来ると思いますので、また、お知らせします。今回の要望は、字数制限がありますので、開発の中止と、それができなければ、自然公園への計画変更を要望しました。なお、この要望は、実名で要望しています。


一市民です。
思川両毛線鉄橋上流を、よく散歩するのですが、昨年から測量杭が打ってあります。
地元の方のお話しや、市広報などを見ますと、広大な芝生広場の開発を計画されているとか・・・。
この場所、散歩をして分かったのですが、素人判断でも、貴重な生物が生息しています。
ただの芝生広場にしてしまっては、これらの生物たちに悪影響が出ることは、必至です。
そこで、芝生広場開発の中止を要望します。
また、中止ができなければ、自然公園という形に、計画変更をしていただくことを切望します。

この場所は、霞堤内であり、治水にとっても重要な場所。
昨年の増水でも、水が入っています。
下流、数か所の芝生広場も、水を被り、大変な状況でした。
復旧には、多大な費用がかかったはずです。
さらに、広場を増加させることは、これからも、毎年のように増水がありますので、出費が嵩むことになります。
ぜひ、中止、もしくは、計画変更を、お願いします。


【注意・お願い】 小山市が開発しようとしている霞堤内は、様々な生物が生息し、貴重な生態系が営まれています。彼らが生活する、詳細かつ具体的な場所を、ネット上で公開することは、本意ではありません。しかし、開発によって、彼らの生活が脅かされ、奪われ、劇的な変化が起こることは間違いありませんので、あえて、アップしています。この地を紹介することによって、多くの方々が訪問し、逆に、彼らの生活を脅かすことになる可能性もあります。もし、お出でになる場合は、この時期ですので、営巣、子育て中の可能性があります。十分な配慮・注意を、お願い致します。また、道路も広くありません。地元の皆さんや、散歩の皆さんなどに、ご迷惑を、おかけすることになります。この点についても、注意を、お願い致します。さらに、同所は、古くは、河川敷であったことは間違いありませんが、少なくても、江戸時代、享保の改革のころから、幕府の年貢増徴政策により、地元の農民の方々が、一生懸命に開墾し、子孫の皆さんに引き継がれた場所の可能性があります。つまり、私有地も存在すると思います。ご注意、お願い致します。

スポンサーサイト
  1. 2016/05/02(月) 08:49:49|
  2. ◆開発計画地情報
  3. | コメント:4
<<アサマイチモンジ・◆開発計画地情報 | ホーム | コムクドリ・小椋鳥>>

コメント

Re: noxさんへ

市広報によりますと、
①「思川の築堤により創出されたJR両毛線鉄橋上流の思川右岸の河川敷を、市民の皆様が快適に利用することのできるスポーツ・レクリエーション等の場として整備するもの」(2014.4.1号、原文の通り)
②「思川の堤防整備により創出されたJR両毛線鉄橋上流の西側河川敷を、スポーツや憩いの場として、快適に利用できるよう計画づくりを進めていきます」(2014.4.15号、原文の通り)
③「小山総合公園を核とし、整備に向けて検討している思川豊田緑地から渡良瀬遊水地までの思川周辺エリアで、子供たちが自ら考えて遊ぶ創造的活動の場、自然環境、公共施設等を活用した体験学習の場等を整備します」(2014.9.16号、原文の通り)
市としては、ということらしいです。

ただ、地元の方や散歩の方の話では、下流にある、広大な芝生広場が、増水ごとに、土砂が流れ込んでしまうので、今回の開発地なら、そのようなことがないから、ここを新たに開発する、ということらしいです。下流の芝生広場は、主に、休日にサッカー場として使用されていますので、おそらく、その代用か、増設ではないか、という話もあります。これも聞いた話ですが、下流のサッカーに利用している広場の復旧に、今回は、2000万円の費用がかかったとか。1か所で、この額です。それが、合計4か所。過去にも、何回も冠水し、多大の費用がかかっているはずです。もともと、河川敷なのですから、増水すれば、冠水するのは、自然なことなのです。そして、今回、新たに開発しようとしている、この場所も、昨年の大水で、冠水しています。開発すれば、また、余計な出費が嵩むことでしょう。

現在、小山市は、一時期の人口増加は、落ち着き、近い将来、減少傾向に転ずると言われています。そうした中で、小学校の統廃合が計画されているとか。統廃合は、1か所だけでは、ないらしいですから、廃校になる敷地が空くことになるはずです。その校庭は、使用可能なはずです。しかも、新たな、建設費は、不要です。その他にも、無いわけではありません。

ご指摘のように、まさに、将来にわたって、無駄な開発です。それでも、実施するのは、開発・復旧工事で潤う方がいるからだと、と言っておられる方もいました。
  1. 2016/05/05(木) 21:14:57 |
  2. URL |
  3. おもいがわ・omoigawa #-
  4. [ 編集 ]

そもそも何の目的で公園を作ろうとしているんですかねぇ
本当に、ソコじゃないとダメなのか?
公園なんて、大抵は閑散としているだけで無駄なスペースと化してしまうのに。無駄な費用を掛けて自然を壊し生物を追い出す必要性が判らん

  1. 2016/05/04(水) 22:20:45 |
  2. URL |
  3. nox #-
  4. [ 編集 ]

Re: yokoblueplanetさんへ

おはようございます。
こうした、ことに、コメント、ありがとうございます。
このような、記述は、嫌われてしまうことが、多々あるようですので・・・(笑)。

芝生広場に農薬は、付き物ですね。
下流には、大小、4つの芝生広場が有るのですが、毎年、多量の農薬を散布しています。
まず、芝生広場になって、生物がほとんど、いなくなり、農薬で追い打ちをかけている状況です。

今回の開発地の下流、約1.5キロほどのところには、市の浄水場があり、思川から水を取り入れています。
河川敷の開発ですから、浸透はかなり、速いと予想できます。
動物ばかりでなく、市民の体内にも供給されることになると思います。
もちろん、浄水されるわけですから、安全な水のはずですが、心配になります。
下流の自治体にも、影響の可能性があるかもですね。

全面中止を要望しますが、できないならば、自然公園ということも・・・。
すでに、この場所には、堤防と霞堤の上が、サイクリング道路風になっています。
堤内にも、農家の皆さんの道路があり、生物に影響を与えないように、これらの道を利用した散歩コースを設置できます。
開発費用や維持費は、それほどかからないと思います。
通常の道路整備・維持は、やる気が有れば、ボランティアの力で十分、対応可能です。

> 「おもいがわ」さんの願いが、地元の皆さんの注意を喚起して大きな力となって、叶うことを祈ります。
いや、これは、素人には、非常に難しいです。
ただ、小山市は、市長が中心になり、思川と自然保護を盛んに売り出しています。
したがって、強引な開発は、しないと思いますが・・・・・。
もし、そのようなことをすれば、世界中の笑いものとなるのは、確実です。
  1. 2016/05/04(水) 10:36:16 |
  2. URL |
  3. おもいがわ・omoigawa #-
  4. [ 編集 ]

自然公園に!

こんばんは。
芝生公園となると、芝生の維持のために、薬品類も多く使われるように必然的になると思います。
更に、自然界に棲む小さな動物、植物にとっては、命に関わる問題になってしまうでしょう。
ハイキング道や自転車道を整備した、自然公園になれば、少なくとも芝生導入に伴う壊滅的な自然破壊は避けられると思います。
「おもいがわ」さんの願いが、地元の皆さんの注意を喚起して大きな力となって、叶うことを祈ります。
  1. 2016/05/02(月) 11:44:05 |
  2. URL |
  3. yokoblueplanet #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

おもいがわ・omoigawa

Author:おもいがわ・omoigawa
◆思川流域の自然を、画像で紹介する素人です。カメラを担いで、毎日、散歩しています。でも、良い画像は、撮れません。どこかで、お逢いできるかも・・・。


◆カメラ
ニコン
・D70(2005~2012)
・D300(2007~)
・D500(2016~)
・D800(2013~)
フジフィルム
・FINEPIX SL1000(2013~)


◆レンズ
ニコン
・18~70ミリF3.5-4.5G・DX
・28~70ミリF3.5-4.5D
・70~300ミリF4.5-5.6G・VR
・200~500ミリF5.6E・VR
シグマ
・120~400ミリF4.5-5.6・OS
ニコン
・45ミリF2.8P
・50ミリF1.4D
・60ミリマイクロF2.8G
・500ミリF4G・VR(2013~)


◆主目的は、リハビリ散歩ですので、99パーセント手持ちで撮影しています。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

カテゴリ

◆ごあいさつ (1)
★思川の紹介 (2)
★思川流域の風景 (37)
★思川流域の鳥 (9)
アトリ科 (46)
イワヒバリ科 (2)
ウ科 (14)
ウグイス科 (37)
エナガ科 (21)
カイツブリ科 (17)
カッコウ科 (3)
カモメ科 (9)
カモ科 (83)
カラス科 (29)
カワガラス科 (0)
カワセミ科 (19)
キクイタダキ科 (1)
キツツキ科 (28)
キジ科 (22)
クイナ科 (8)
ゴジュウカラ科 (2)
サギ科 (53)
シギ科 (95)
シジュウカラ科 (25)
スズメ科 (4)
セイタカシギ科 (7)
セキレイ科 (38)
セッカ科 (3)
センニュウ科 (3)
タカ科 (122)
タマシギ科 (4)
チドリ科 (56)
ツグミ科 (52)
ツバメ科 (12)
ツバメチドリ科 (4)
トキ科 (6)
ハタオリドリ科 (7)
ハト科 (6)
ハヤブサ科 (35)
ヒタキ科 (33)
ヒバリ科 (9)
ヒヨドリ科 (4)
フクロウ科 (21)
ホオジロ科 (48)
ミサゴ科 (10)
ムクドリ科 (5)
メジロ科 (16)
モズ科 (23)
ヨシキリ科 (4)
レンジャク科 (7)
★思川流域の昆虫 (19)
アゲハチョウ科 (42)
シジミチョウ科 (44)
シロチョウ科 (32)
ジャノメチョウ科 (4)
セセリチョウ科 (16)
タテハチョウ科 (63)
アゲハモドキ科 (1)
アオイトトンボ科 (3)
イトトンボ科 (3)
オニヤンマ科 (4)
カワトンボ科 (7)
サナエトンボ科 (4)
トンボ科 (31)
ヤンマ科 (2)
バッタ科 (5)
カミキリムシ科 (2)
★思川流域の植物 (55)
★思川流域の魚 (5)
★思川流域の諸動物 (43)
★諸地域の諸事象 (1)
★諸思川の風景 (1)
◇栃木県の動植物 (1)
◇北海道の動植物 (137)
◇富山県の動植物 (2)
☆お知らせ (35)
◆開発計画地情報 (42)
レンカク科 (2)
ムシクイ科 (1)
ミソサザイ科 (2)

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード