思川-自然の館-

自然の館へ、ようこそ・・・。栃木県を流れる思川流域の自然を画像で紹介しています。

ハマシギ・野鳥来い小山市が「なつみずたんぼ」挑戦へ

ハマシギ

ハマシギ

ハマシギ

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
遊水池に行くと、知人に、ハマシギが来ていると教えていただきました。早速、行ってみると、出逢うことができました。この場所は、以前、散歩対象地に入っていませんでしたが、昨年から範囲を少し広げたため、初見・初撮影となり、思川流域の鳥、171種に・・・。知人には、感謝致します。ちなみに、この子は、小山市外での出逢いです。最後の画像は、だるまハマシギちゃん・・・。〔思川流域、2015.5.10〕

知人からの情報で生活しているようですが・・・。別な知人から『朝日新聞』デジタルに、次のような記事が掲載されているとの情報をいただきました(原文のまま、転載)。16日の朝刊は、長文なのですが、要約された内容となっています。これによると、小山市では、これまで「ふゆみずたんぼ」に取り組んできたが、今度は、「なつみずたんぼ」に挑む、ということのようです。そして、今夏、シギ・チドリの立ち寄りと、コウノトリの飛来をも期待するとのことのようです。夏の暑い時期、シギチとの出逢いを求めて、田んぼを徘徊する私共にとっては、とても、喜ばしい取り組みであると嬉しく思いました。
「ふゆみずたんぼ」については、野鳥の飛来を期待して、いくつかの田んぼを、確認するようにしていましたが、一昨年、コハクチョウ・オオハクチョウなどを確認したのみで、この冬も期待していたのですが、出逢いは無しでした。ただ、今季、初春の渡りの時期に、コチドリを確認できましたが、面積が狭いことと、餌となる生物がいないこともあるのでしょうか・・・。期待していたほどの出逢いは、私の場合、ありませんでした。しかし、今回は、面積も数倍になり、夏ということで、餌となる生物の発生と、流入も少しはあるでしょうから、期待したいと思います。
冬の田んぼを巡っていると、乾田化政策により、田んぼが乾燥しているのか、強風が吹くと、土埃が舞い上がり、砂漠にいるような気分になることがあります。そうした時、「ふゆみずたんぼ」の近くを通ると、何か、ほっとしたような気持になります。しかし、野鳥の姿を観ることは、少なく、寂しい感じもするのも事実です。ただ、ホンモロコ?の養殖場?が併設されている「ふゆみずたんぼ」では、養殖場?の網をかいくぐって、侵入したサギが、魚を捕食しているのを観ることが多いです。野鳥たちにとっては、水も重要ですが、やはり、食べ物が一番なのだと、感じる一瞬でもあります。小山市の田んぼを巡っていると、水路の魚を捕らないで、と記されていることに気付きます。私が、子供のころは、水路には、多数のドジョウ・小魚・ザリガニなどなどがいました。それらを捕獲して、生活の糧にしていた方々もいました。ところが、現在は、捕ってはいけないと記されるほど少ないというのが現状です。用水が、三面側溝になってしまったことも原因ではないでしょうか。とにかく、「なつみずたんぼ」については、注目したいと思います。

ということで、最近、小山市内の生物に関する報道が、急に増えたような気がします。何故なのか・・・?。小山市は、『生物多様性おやま行動計画』を策定し、「生物多様性の将来像『たくさんの生命(いのち)輝くまち おやま』を掲げ」、目指しているわけですから、当然といえますが・・・。しかし、一方では、調査も行わず、「思川豊田緑地=スポーツ・レクレーションの場=広い芝生広場」の開発計画をしているということには、改めて、矛盾を感じてしまいます。今のところ、開発計画地の生物たちの報道は無いようです。生物が生息していることが分かってしまうと、不味いとの判断では、と言っている方もおられるようですが・・・。いずれにしても、、小山市は、『たくさんの生命(いのち)輝くまち おやま』を掲げているわけですから、開発計画は、見直すことが必要でしょう。


栃木)野鳥来い 小山市が「なつみずたんぼ」挑戦へ
平井隆昭 2015年5月16日03時00分

写真・図版
麦の収穫後に水を張った農地にアオアシシギが集まった。後ろは稲穂=2012年、埼玉県行田市、オリザネット提供


 渡良瀬遊水地一帯に野鳥を呼び寄せようと、田に冬場も水を張る「ふゆみずたんぼ」に取り組んできた小山市が、今度は夏に着目して収穫後の麦畑に水を張る「なつみずたんぼ」に挑む。初年度の農地は約35ヘクタールで、「同様の取り組みの中で全国最大規模」と専門家も注目する。「人工の干潟」に今夏、シギ・チドリ類など渡り鳥が立ち寄り、目撃情報が相次ぐコウノトリの飛来が増えることにも期待が高まる。

 「なつみずたんぼ」は、転作作物の麦などの畑で収穫後に水を張っておく。麦の連作障害を防ぎ雑草が除去でき、トンボやゲンゴロウ類などの生き物が増えて鳥のエサ場にもなる。

 市は「トキやコウノトリがすむ環境作り」を掲げて、無農薬の「ふゆみずたんぼ」農法に取り組んできたが、4年目の今年で11戸7ヘクタール。昨夏に遊水地を訪れた日本野鳥の会の柳生博会長が「ずっと水を張るだけでも野鳥は喜ぶ」と提案したのをヒントに、人工的に干潟の環境を作る試みを夏も始めることにした。


スポンサーサイト
  1. 2015/05/18(月) 06:50:38|
  2. ◆開発計画地情報
  3. | コメント:8
<<カワセミ・開発計画地と周辺の鳥種数 | ホーム | サトジガバチ・スズメ・霞堤>>

コメント

Re: Bさんへ

こんばんは。
先日は、ありがとうございました。
また、この度も、感謝致します。
お気遣い、了解いたしました。
今後も、宜しく、お願い致します。
  1. 2015/05/24(日) 22:25:18 |
  2. URL |
  3. おもいがわ・omoigawa #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2015/05/23(土) 22:26:05 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

Re: totoroさんへ

こんにちは。
いつも、ありがとうございます。
この度は、こちらの課題で、大変、お世話になっております。
僅かですが、理解をして下さる方もいて、ネット上でも話題になってきたらしいです。
だからと言って、この課題が解決するわけではありませんが・・・。
引き続き、広く知らせて行こうと思っております。

私も、初めて聞く名称でした。
良いことは、どんどん実施して欲しいですね。
しかし、逆向きと、矛盾は・・・、困ります。

旅、良いですね。
お体、回復されたのですね。
良かったです。
北海道へも行けそうで、なによりです。
メール、楽しみにしております。
気を付けて、旅を楽しんで下さい。
  1. 2015/05/21(木) 12:42:15 |
  2. URL |
  3. おもいがわ・omoigawa #-
  4. [ 編集 ]

Re: I さんへ

こんにちは。
こちらこそ、いつも、ありがとうございます。
色々・・・。
難しいですね。
今後も、宜しく、お願い致します。
  1. 2015/05/21(木) 12:31:06 |
  2. URL |
  3. おもいがわ・omoigawa #-
  4. [ 編集 ]

Re: imari さんへ

こんにちは。
そうなんですね。
私は、まだ、行ったことがない沼です。
噂には、聞いているのですが・・・。

そうですね。
特に、シギチは、旅の途中が多いですから・・・。
しかし、長い距離を、よく旅するものですね。
素晴らしいと思います。

週末までは、どうでしょう・・・。
難しいかもですね。

「なつみず田んぼ」・・・。
私も、初めて聞きました。
夏は、田んぼに水が張ってあるものと思っていましたから・・・。
確かに、乾田化してますから、このようになるのでしょうか。
昔からしたら、耕作は、格段に、やりやすくなったでしょうね。
しかし、一方では、失ったものもありますね。
ここまで、やるわけですから、開発計画地に対しても配慮して欲しいです。
  1. 2015/05/21(木) 12:12:27 |
  2. URL |
  3. おもいがわ・omoigawa #-
  4. [ 編集 ]

おもいがわさん、こんばんは。

「なつみずたんぼ」、「ふゆみずたんぼ」は初めて聞く言葉でしたが、なるほどと思いながら拝見しました。
身近に緑化環境さえ少ないので、そういった環境が近くに有ったらいいですね。

明後日から旅に出ることにしました。北海道には一旦自宅に戻り再出発するので6月に入ってからですが、詳細はまだ何も決めていません。
ブログを休止しますのでメールで連絡します。
  1. 2015/05/20(水) 22:59:57 |
  2. URL |
  3. totoro #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2015/05/20(水) 09:59:02 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

会いたいシギの一つです。

昨秋 多々良沼にた~くさん飛来していると聞いて 急いで週末に行きましたが・・・駄目でした(苦笑)
旅鳥は突然 姿を消すようです。
風に呼ばれるのか どんなきっかけで 飛び去ってしまうのか 
知りたいものです。
今日は 火曜日・・・週末まで逗留してくれるなら
会いに行きたいです(笑)
渡良瀬のY湖でしょうか?
しかしY湖といっても 広すぎます(苦笑)

夏水田んぼ、初めて聞く言葉です。
夏でしたら 小さな生命で 田んぼは賑やかでしょうね。
休耕地として放置するならば 水を張っておくほうが 
涼しげで良いでしょうね。
  1. 2015/05/18(月) 21:14:21 |
  2. URL |
  3. imari #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

おもいがわ・omoigawa

Author:おもいがわ・omoigawa
◆思川流域の自然を、画像で紹介する素人です。カメラを担いで、毎日、散歩しています。でも、良い画像は、撮れません。どこかで、お逢いできるかも・・・。


◆カメラ
ニコン
・D70(2005~2012)
・D300(2007~)
・D500(2016~)
・D800(2013~)
フジフィルム
・FINEPIX SL1000(2013~)


◆レンズ
ニコン
・18~70ミリF3.5-4.5G・DX
・28~70ミリF3.5-4.5D
・70~300ミリF4.5-5.6G・VR
・200~500ミリF5.6E・VR
シグマ
・120~400ミリF4.5-5.6・OS
ニコン
・45ミリF2.8P
・50ミリF1.4D
・60ミリマイクロF2.8G
・500ミリF4G・VR(2013~)


◆主目的は、リハビリ散歩ですので、99パーセント手持ちで撮影しています。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

カテゴリ

◆ごあいさつ (1)
★思川の紹介 (2)
★思川流域の風景 (37)
★思川流域の鳥 (9)
アトリ科 (46)
イワヒバリ科 (2)
ウ科 (14)
ウグイス科 (37)
エナガ科 (21)
カイツブリ科 (18)
カッコウ科 (3)
カモメ科 (9)
カモ科 (83)
カラス科 (29)
カワガラス科 (0)
カワセミ科 (19)
キクイタダキ科 (1)
キツツキ科 (28)
キジ科 (22)
クイナ科 (8)
ゴジュウカラ科 (2)
サギ科 (62)
シギ科 (95)
シジュウカラ科 (25)
スズメ科 (4)
セイタカシギ科 (7)
セキレイ科 (38)
セッカ科 (3)
センニュウ科 (3)
タカ科 (122)
タマシギ科 (4)
チドリ科 (57)
ツグミ科 (52)
ツバメ科 (12)
ツバメチドリ科 (4)
トキ科 (6)
ハタオリドリ科 (7)
ハト科 (6)
ハヤブサ科 (35)
ヒタキ科 (33)
ヒバリ科 (9)
ヒヨドリ科 (4)
フクロウ科 (21)
ホオジロ科 (48)
ミサゴ科 (10)
ムクドリ科 (5)
メジロ科 (16)
モズ科 (23)
ヨシキリ科 (6)
レンジャク科 (7)
★思川流域の昆虫 (19)
アゲハチョウ科 (42)
シジミチョウ科 (44)
シロチョウ科 (32)
ジャノメチョウ科 (4)
セセリチョウ科 (16)
タテハチョウ科 (63)
アゲハモドキ科 (1)
アオイトトンボ科 (3)
イトトンボ科 (4)
オニヤンマ科 (4)
カワトンボ科 (7)
サナエトンボ科 (4)
トンボ科 (31)
ヤンマ科 (2)
バッタ科 (5)
カミキリムシ科 (2)
★思川流域の植物 (57)
★思川流域の魚 (5)
★思川流域の諸動物 (44)
★諸地域の諸事象 (1)
★諸思川の風景 (1)
◇栃木県の動植物 (1)
◇北海道の動植物 (185)
◇富山県の動植物 (2)
☆お知らせ (35)
◆開発計画地情報 (42)
レンカク科 (2)
ムシクイ科 (1)
ミソサザイ科 (2)

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード