思川-自然の館-

自然の館へ、ようこそ・・・。栃木県を流れる思川流域の自然を画像で紹介しています。

ヤマカガシ・獣道・「たくさんの生命(いのち)輝くまち おやま」とは???

ヤマカカシ

獣道

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
小山市が、「思川豊田緑地=スポーツ・レクレーションの場=広い芝生広場」の開発計画をしている場所の道を散歩していると、目の前にいたヘビです。じっとして、動きません・・・。死んでいるのか、と思いましたが、よく見ると、存命の様子・・・。何かを咥えているようです。図鑑によると、死んだふりもするとか・・・。毒もあるので要注意とか・・。開発計画地周辺を散歩していると、ヘビとの遭遇があります。注意しなければなりませんが、これが自然界・・・。前回アップの絶滅危惧種、サシバの子供が生まれると、ヘビを捕える狩りの姿が観られるでしょう。〔両毛線鉄橋上流、2015.5.6〕
2枚目は、やはり、同所の獣道・・・。左下は、人間の通る道。人間の通る道も、獣道となっていますが、中央部分が、人間が通らない獣道です。何の獣道かは、ほぼ分かっています。後日、アップ予定です。現在、この動物は、子育て中。野鳥や小動物などを狩りして生活しています。子供たちの自立も、間近と思われますが・・・。とにかく、この場所は、毎年、子育てが行われています。素人判断でも、生態系の充実した場所であることは、間違いありません。〔両毛線鉄橋上流、2015.5.6〕

前にも記しましたが、小山市は、『生物多様性おやま行動計画』を策定し、「生物多様性の将来像『たくさんの生命(いのち)輝くまち おやま』を掲げ」、目指しています。開発計画地は、この行動計画にピッタリ当てはまる場所・・・。「広い芝生広場」を造成しては、生物多様性の破壊になってしまいます。「子供の国」を目指すのでしたら、子供たちが生物多様性を学ぶことのできる場所に計画変更しませんか・・・?。多くの生物たちがいて、子供たちもいるのが、生物多様性では・・・?。

スポンサーサイト
  1. 2015/05/07(木) 08:34:46|
  2. ◆開発計画地情報
  3. | コメント:4
<<ミヤマチャバネセセリ・渡良瀬遊水池と開発計画地のチョウ | ホーム | サシバ・絶滅危惧種・小山市がチュウヒ初調査>>

コメント

Re: black kiteさんへ

こんにちは。
なるほど~~!!
この日は、結構、暑かったですが・・・。
その可能性が強いかもですね。
それに、何か、噛んでいるようでしたし・・・。

記事情報、ありがとうございます。
見ていませんでしたので、助かりました。
我が家の近くまで来ていたとは、驚きました。
感謝です・・・。
  1. 2015/05/12(火) 12:33:37 |
  2. URL |
  3. おもいがわ・omoigawa #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは。
ヘビって午前中なんかは日当たりの良い道路とかで動かずじっとしてるのを見かけることありますね。
僕も死んでるのかな?と思ったのですが、
テレビの動物ドキュメンタリー番組かなにかで、変温動物のヘビは朝おきた後、体温を上げるためにこういった日当たりの良い場所でひなたぼっこをしてるのだとか、、。

ところでこのニュース記事ってもうご覧になりました?
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20150510/1955284
  1. 2015/05/10(日) 21:56:48 |
  2. URL |
  3. black kite #-
  4. [ 編集 ]

Re: ゆたかさんへ

こんばんは。
いつも、コメント、ありがとうございます。

そのようですね。
子供の頃は、気にしませんでしたが・・・。

間違いなく、そうだと思います。
もっと、はっきりした獣道もあるのですが・・・。
人間が通った可能性もあるので、アップしませんでした。
狐・狸・兎・鼬、全ていますよ。
猪も、いるとか・・・。
自然動物園のようです。

この場所、治水関係の霞堤内ですので、今後、そのままというわけには行かないかもです。
しかし、治水の関係からも、芝生広場は、中止した方が無難と思います・・・。
回復した自然環境を生かしながら、治水を考えるのが有効と思います。

「自然」そうですね。
  1. 2015/05/09(土) 18:46:43 |
  2. URL |
  3. おもいがわ・omoigawa #-
  4. [ 編集 ]

ヤマカガシと獣道

おはようございます。
ヤマカガシという名前は聞いたことがありますけど、毒を持っているんですね。
こういうのが獣道なんですか。狐かな?狸?兎かも。
生物多様性をいうなら、自然を壊さないでほしいですね。自然は放置するのが一番なんではないでしょうか。危険もあるのが「自然」ですもんね。
  1. 2015/05/09(土) 11:00:49 |
  2. URL |
  3. ゆたか #qjcya4s2
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

おもいがわ・omoigawa

Author:おもいがわ・omoigawa
◆思川流域の自然を、画像で紹介する素人です。カメラを担いで、毎日、散歩しています。でも、良い画像は、撮れません。どこかで、お逢いできるかも・・・。


◆カメラ
ニコン
・D70(2005~2012)
・D300(2007~)
・D500(2016~)
・D800(2013~)
フジフィルム
・FINEPIX SL1000(2013~)


◆レンズ
ニコン
・18~70ミリF3.5-4.5G・DX
・28~70ミリF3.5-4.5D
・70~300ミリF4.5-5.6G・VR
・200~500ミリF5.6E・VR
シグマ
・120~400ミリF4.5-5.6・OS
ニコン
・45ミリF2.8P
・50ミリF1.4D
・60ミリマイクロF2.8G
・500ミリF4G・VR(2013~)


◆主目的は、リハビリ散歩ですので、99パーセント手持ちで撮影しています。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

カテゴリ

◆ごあいさつ (1)
★思川の紹介 (2)
★思川流域の風景 (37)
★思川流域の鳥 (9)
アトリ科 (46)
イワヒバリ科 (2)
ウ科 (14)
ウグイス科 (37)
エナガ科 (21)
カイツブリ科 (17)
カッコウ科 (3)
カモメ科 (9)
カモ科 (83)
カラス科 (29)
カワガラス科 (0)
カワセミ科 (19)
キクイタダキ科 (1)
キツツキ科 (28)
キジ科 (22)
クイナ科 (8)
ゴジュウカラ科 (2)
サギ科 (53)
シギ科 (95)
シジュウカラ科 (25)
スズメ科 (4)
セイタカシギ科 (7)
セキレイ科 (38)
セッカ科 (3)
センニュウ科 (3)
タカ科 (122)
タマシギ科 (4)
チドリ科 (56)
ツグミ科 (52)
ツバメ科 (12)
ツバメチドリ科 (4)
トキ科 (6)
ハタオリドリ科 (7)
ハト科 (6)
ハヤブサ科 (35)
ヒタキ科 (33)
ヒバリ科 (9)
ヒヨドリ科 (4)
フクロウ科 (21)
ホオジロ科 (48)
ミサゴ科 (10)
ムクドリ科 (5)
メジロ科 (16)
モズ科 (23)
ヨシキリ科 (4)
レンジャク科 (7)
★思川流域の昆虫 (19)
アゲハチョウ科 (42)
シジミチョウ科 (44)
シロチョウ科 (32)
ジャノメチョウ科 (4)
セセリチョウ科 (16)
タテハチョウ科 (63)
アゲハモドキ科 (1)
アオイトトンボ科 (3)
イトトンボ科 (3)
オニヤンマ科 (4)
カワトンボ科 (7)
サナエトンボ科 (4)
トンボ科 (31)
ヤンマ科 (2)
バッタ科 (5)
カミキリムシ科 (2)
★思川流域の植物 (55)
★思川流域の魚 (5)
★思川流域の諸動物 (43)
★諸地域の諸事象 (1)
★諸思川の風景 (1)
◇栃木県の動植物 (1)
◇北海道の動植物 (138)
◇富山県の動植物 (2)
☆お知らせ (35)
◆開発計画地情報 (42)
レンカク科 (2)
ムシクイ科 (1)
ミソサザイ科 (2)

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード