思川-自然の館-

自然の館へ、ようこそ・・・。栃木県を流れる思川流域の自然を画像で紹介しています。

セグロカモメ・「たくさんの生命(いのち)輝くまち おやま」

セグロカモメ

セグロカモメ

セグロカモメ

セグロカモメ

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
小山市が、「思川豊田緑地=スポーツ・レクレーションの場=広い芝生広場」の開発計画をしている場所の東側、本流の河原にいた、セグロカモメです。図鑑によると、冬鳥だそうで、内陸の河川などにも入ってくる個体がいるそうです。この子も、そうした個体だと思われます。この冬も、渡良瀬遊水地や思川下流で、確認していますので、遊水地経由で、ここまで遡ってきたものと思われます。画像の黄色は、川岸に咲いていた菜の花です。〔両毛線鉄橋上流、2015.4.22〕
下の2枚は、飛翔ですが、この後、対岸にある小山・思川温泉の目の前に飛んで行きました。温泉の露天風呂などからは、こうした飛翔を、思川の自然を背景に間近に観ることができます。しかし、近い将来、背景は、「広い芝生広場」となってしまうでしょう。温泉を入れて撮影することも、できたのですが、誤解を招くおそれがありますので、レンズを向けませんでした。〔両毛線鉄橋上流、2015.4.22〕

【ご注意】 本ブログを、ご覧になり、連休中に、この地を訪問される方が、おられるかもしれませんが、くれぐれも、温泉にレンズを向けないよう、お願い致します。以前、警察の方が、見回りに来られたという噂を聞きましたので・・・。また、現在、開発計画地内及び周辺では、生物たちが、営巣・子育て中です。配慮を、お願い致します。もし、案内が必要でしたら、ご連絡下さい。日時を調整させていただき、できるだけ対応致します。もちろん、案内料は無料ですが、事故等は、自己責任となります。一周、約1時間半の散歩ができるかと思います。

スポンサーサイト
  1. 2015/04/25(土) 21:40:15|
  2. ◆開発計画地情報
  3. | コメント:4
<<ミサゴ・「水と緑と大地」 | ホーム | シオカラトンボ・「たくさんの生命(いのち)輝くまち おやま」>>

コメント

Re: black kiteさんへ

おはようございます。
こちらこそ、ありがとうございました。
私も、ハイチュウ雄と間違えました。
でも、同様に喜びました。
感激しましたよ・・・。
思川でも、予想以上に出逢いがありました。
この環境を維持したいものです。
今後も、宜しく、お願い致します。
また、お会いできることを楽しみにしております。
  1. 2015/04/28(火) 08:12:03 |
  2. URL |
  3. おもいがわ・omoigawa #-
  4. [ 編集 ]

Re: imariさんへ

おはようございます。
いえいえ、思川は、小山市民だけのものではありませんので・・・、
上流から下流の皆さんも、思川を利用し、恩恵を受けています。
1級河川でもありますから、国民全員で考えて行くべきものです。
世界的な環境のこともありますし・・・。
ですから、どんどん、ご意見、感じたことなど、コメント、お願い致します。
私が間違っていましたら、ご教授も、お願い致します。

思川にいらしたのですね。
お声をかけて下されば、お会いできたかもです。
上流の護岸工事、どこでしょう。
小宅橋の上流左岸でしょうか。
この場所も、大きく変化しましたね。
今後、樹木が生えるかどうか・・・。
見晴らしは良くなりましたが、冬は、男体下ろしの強風で大変なのではと心配しています。
樹木による防風が失われましたね。
今後の推移を見守ります。

シカ、そのようですね。
知人から教わりました。
後で、この話題をアップしようと思っていました。
もう一度、読んでみますが、シカの被害を意識した記事になっていたような・・・。
私からすると、素晴らしいことだと思います。
撮影された方にも敬意を表します。
それに、シカは、江戸時代には小山市内に普通にいたのです。
それが、いつの間にか上流山間部に追いやられたのです。
神さんとも話したのですが、私たちの人口減少を察知して、様子を見に来たのでしょうか。

サシバやチュウヒ・・・。
チュウヒの里・・・。
ごもっともです。

ウサギにも、出逢えましたか。
イノシシも来ているようです。
動物たちの逆襲かも・・・。
良い、お付き合いをしたいものです。
  1. 2015/04/28(火) 08:03:19 |
  2. URL |
  3. おもいがわ・omoigawa #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは。
先日はありがとうございました。
セグロカモメは自分も遊水地で何度か見たことあります。
初めて見たときはハイイロチュウヒのオスかと誤認して夢中でシャッターきってたら「あれ?なんかちがう、、」とe-257
でもハイイロチュウヒじゃなくても、内陸部でカモメに遭遇できてあの当時は喜んでました。
  1. 2015/04/26(日) 23:56:43 |
  2. URL |
  3. black kite #ViEr4Dho
  4. [ 編集 ]

たびたびすみません(苦笑)

土曜日 思川へ鳥観へ行ってきました。
H大学より 数キロ上流まで足を伸ばしたのですが
護岸工事?でしょうか 橋の架け替えでしょうか、
長閑な川岸とは言いがたい風景を見ました。
若草萌える緑色の土手が コンクリートで覆われた護岸に変わったら 
殺風景な景観になるでしょう。

先週 思川の葭原の中に 鹿が居たそうですが
そういう豊かな自然を大事にすべきだと 
県外の人間ですが 切望いたします。
豊かな自然が残る河川敷があるからこそ 
サシバやチュウヒが飛来してくるのです。
チュウヒの里と公言するならば 
今ある自然を大事にすべきではないでしょうか?

河川敷で 私も野うさぎに出逢いました。
初めての出逢いでした。
一瞬の出逢いでありましたが 感激致しました。

  1. 2015/04/26(日) 21:56:17 |
  2. URL |
  3. imari #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

おもいがわ・omoigawa

Author:おもいがわ・omoigawa
◆思川流域の自然を、画像で紹介する素人です。カメラを担いで、毎日、散歩しています。でも、良い画像は、撮れません。どこかで、お逢いできるかも・・・。


◆カメラ
ニコン
・D70(2005~2012)
・D300(2007~)
・D500(2016~)
・D800(2013~)
フジフィルム
・FINEPIX SL1000(2013~)


◆レンズ
ニコン
・18~70ミリF3.5-4.5G・DX
・28~70ミリF3.5-4.5D
・70~300ミリF4.5-5.6G・VR
・200~500ミリF5.6E・VR
シグマ
・120~400ミリF4.5-5.6・OS
ニコン
・45ミリF2.8P
・50ミリF1.4D
・60ミリマイクロF2.8G
・500ミリF4G・VR(2013~)


◆主目的は、リハビリ散歩ですので、99パーセント手持ちで撮影しています。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

カテゴリ

◆ごあいさつ (1)
★思川の紹介 (2)
★思川流域の風景 (37)
★思川流域の鳥 (9)
アトリ科 (46)
イワヒバリ科 (2)
ウ科 (14)
ウグイス科 (36)
エナガ科 (21)
カイツブリ科 (15)
カッコウ科 (3)
カモメ科 (9)
カモ科 (83)
カラス科 (29)
カワガラス科 (0)
カワセミ科 (19)
キクイタダキ科 (1)
キツツキ科 (28)
キジ科 (22)
クイナ科 (8)
ゴジュウカラ科 (2)
サギ科 (51)
シギ科 (95)
シジュウカラ科 (24)
スズメ科 (4)
セイタカシギ科 (7)
セキレイ科 (37)
セッカ科 (1)
センニュウ科 (2)
タカ科 (122)
タマシギ科 (4)
チドリ科 (56)
ツグミ科 (52)
ツバメ科 (12)
ツバメチドリ科 (4)
トキ科 (6)
ハタオリドリ科 (7)
ハト科 (6)
ハヤブサ科 (35)
ヒタキ科 (29)
ヒバリ科 (9)
ヒヨドリ科 (4)
フクロウ科 (21)
ホオジロ科 (46)
ミサゴ科 (10)
ムクドリ科 (5)
メジロ科 (16)
モズ科 (23)
ヨシキリ科 (2)
レンジャク科 (7)
★思川流域の昆虫 (19)
アゲハチョウ科 (41)
シジミチョウ科 (43)
シロチョウ科 (32)
ジャノメチョウ科 (4)
セセリチョウ科 (16)
タテハチョウ科 (62)
アゲハモドキ科 (1)
アオイトトンボ科 (3)
イトトンボ科 (2)
オニヤンマ科 (4)
カワトンボ科 (5)
サナエトンボ科 (3)
トンボ科 (30)
ヤンマ科 (2)
バッタ科 (5)
カミキリムシ科 (2)
★思川流域の植物 (53)
★思川流域の魚 (5)
★思川流域の諸動物 (43)
★諸地域の諸事象 (1)
★諸思川の風景 (1)
◇栃木県の動植物 (1)
◇北海道の動植物 (137)
◇富山県の動植物 (2)
☆お知らせ (35)
◆開発計画地情報 (42)
レンカク科 (2)
ムシクイ科 (1)

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード