思川-自然の館-

自然の館へ、ようこそ・・・。栃木県を流れる思川流域の自然を画像で紹介しています。

シジュウカラ・『生物多様性おやま行動計画』2

シジュウカラ

シジュウカラ

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
小山市が、「思川豊田緑地=スポーツ・レクレーションの場=広い芝生広場」の開発計画をしている場所にいた、シジュウカラです。この子の仲間は、我が家の小さな庭にもやって来る、お馴染みの子です。開発地では、エナガ・コゲラなどと共に、行動する姿を見ることができます。彼らが来ると、その周辺が賑やかになり、とても癒されます。時には、モズに追われる姿を見ることもできます。こうした自然の営みを、子供たちに残しませんか・・・。〔両毛線鉄橋上流、2015.4.9〕

以下は、先日アップの『生物多様性おやま行動計画』の冒頭部分です。原文のままですが、①~④の数字は、私が付けています。本ブログを、訪問して下さっている皆さんは、この『行動計画』と、開発計画が矛盾していることは、ご理解いただけたと思います。
小山市は、①にあるように、「環境都市宣言」をしています。そして、「自然と共生するまち、エコシティ おやまの推進を行っています。ラムサール条約も意識した取り組みも実施していることが分かります。
さらに、②では、自然と共存する自立・持続可能なまちの実現を目指し、渡良瀬遊水地ばかりでなく、思川等の良好な自然環境の保全・再生など、調和のとれた、生物多様性地域戦略(生物多様性おやま行動計画)を策定することが重要と、『行動計画』策定の意義を宣言しています。
しかも、③では、環境省国家戦略、県の戦略を基にし、それを踏まえた計画と位置付け、県内初の策定と・・・。高らかに主張しています。
そして、④では、生物多様性の将来像を、「たくさんの生命(いのち)輝くまち おやま」と掲げ、将来像の具体的な実現目標を達成するため、様々な施策を推進して行くとしています。

「たくさんの生命(いのち)輝くまち おやま」良いですね~~~!!。大賛成です。この施策の実現のためには、開発地は不可欠です。小山市の恥にならないよう、考え直しませんか・・・。上記、シジュウカラも、生物多様性の一員であると、囀っていましたよ・・・。


生物多様性おやま行動計画
更新日:2013年10月25日

生物多様性おやま行動計画(平成25年3月策定)

① 小山市は、2008年6月に「環境都市宣言」を行い、自然と共生するまち「エコシティ おやま」のさらなる推進に向けて、県内一の64組織を誇る「農地・水・環境保全向上対策」の活動組織や渡良瀬遊水地周辺の田んぼで環境にやさしい農業による「ラムサールふゆみずたんぼ米」栽培など、幅広い取り組みを展開してまいりました。
 
② これらを受けて、小山市における自然と共存する自立・持続可能なまちの実現のため、渡良瀬遊水地や思川等の良好な自然環境の保全・再生と、地域の経済や産業の持続的発展との調和がとれた生物多様性地域戦略(生物多様性おやま行動計画)を策定することが重要であります。
 
③ この「生物多様性おやま行動計画」は、環境省の平成23年度地域生物多様性保全活動支援事業の採択団体として、平成23年度・24年度の2箇年で策定を進めてまいりました。本計画は生物多様性基本法に基づき、「小山市において生物多様性の保全を推進するための総合的な指針」となるもので、世界の目標である「愛知ターゲット」を視野に入れつつ、国の「生物多様性国家戦略」及び栃木県の「生物多様性とちぎ戦略」を踏まえた計画として、栃木県内での自治体では、初の生物多様性地域戦略の策定となります。
 
④ 小山市が目指す生物多様性の将来像「たくさんの生命(いのち)輝くまち おやま」を掲げ、この将来像の具体的な実現目標を達成するための3つの基本方針と小山市が取り組む24の行動施策の推進に努めてまいります。

スポンサーサイト
  1. 2015/04/23(木) 06:54:54|
  2. ◆開発計画地情報
  3. | コメント:0
<<シオカラトンボ・「たくさんの生命(いのち)輝くまち おやま」 | ホーム | キジ・雉>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

おもいがわ・omoigawa

Author:おもいがわ・omoigawa
◆思川流域の自然を、画像で紹介する素人です。カメラを担いで、毎日、散歩しています。でも、良い画像は、撮れません。どこかで、お逢いできるかも・・・。


◆カメラ
ニコン
・D70(2005~2012)
・D300(2007~)
・D500(2016~)
・D800(2013~)
フジフィルム
・FINEPIX SL1000(2013~)


◆レンズ
ニコン
・18~70ミリF3.5-4.5G・DX
・28~70ミリF3.5-4.5D
・70~300ミリF4.5-5.6G・VR
・200~500ミリF5.6E・VR
シグマ
・120~400ミリF4.5-5.6・OS
ニコン
・45ミリF2.8P
・50ミリF1.4D
・60ミリマイクロF2.8G
・500ミリF4G・VR(2013~)


◆主目的は、リハビリ散歩ですので、99パーセント手持ちで撮影しています。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

カテゴリ

◆ごあいさつ (1)
★思川の紹介 (2)
★思川流域の風景 (37)
★思川流域の鳥 (9)
アトリ科 (46)
イワヒバリ科 (2)
ウ科 (14)
ウグイス科 (37)
エナガ科 (21)
カイツブリ科 (18)
カッコウ科 (3)
カモメ科 (9)
カモ科 (83)
カラス科 (29)
カワガラス科 (0)
カワセミ科 (19)
キクイタダキ科 (1)
キツツキ科 (28)
キジ科 (22)
クイナ科 (8)
ゴジュウカラ科 (2)
サギ科 (64)
シギ科 (97)
シジュウカラ科 (25)
スズメ科 (4)
セイタカシギ科 (7)
セキレイ科 (38)
セッカ科 (3)
センニュウ科 (3)
タカ科 (122)
タマシギ科 (4)
チドリ科 (57)
ツグミ科 (52)
ツバメ科 (12)
ツバメチドリ科 (4)
トキ科 (6)
ハタオリドリ科 (7)
ハト科 (6)
ハヤブサ科 (35)
ヒタキ科 (33)
ヒバリ科 (9)
ヒヨドリ科 (4)
フクロウ科 (21)
ホオジロ科 (48)
ミサゴ科 (10)
ムクドリ科 (5)
メジロ科 (16)
モズ科 (23)
ヨシキリ科 (6)
レンジャク科 (7)
★思川流域の昆虫 (19)
アゲハチョウ科 (42)
シジミチョウ科 (44)
シロチョウ科 (32)
ジャノメチョウ科 (4)
セセリチョウ科 (16)
タテハチョウ科 (63)
アゲハモドキ科 (1)
アオイトトンボ科 (3)
イトトンボ科 (4)
オニヤンマ科 (4)
カワトンボ科 (7)
サナエトンボ科 (4)
トンボ科 (32)
ヤンマ科 (2)
バッタ科 (5)
カミキリムシ科 (2)
★思川流域の植物 (57)
★思川流域の魚 (5)
★思川流域の諸動物 (44)
★諸地域の諸事象 (1)
★諸思川の風景 (1)
◇栃木県の動植物 (1)
◇北海道の動植物 (186)
◇富山県の動植物 (2)
☆お知らせ (35)
◆開発計画地情報 (42)
レンカク科 (2)
ムシクイ科 (1)
ミソサザイ科 (2)

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード