思川-自然の館-

自然の館へ、ようこそ・・・。栃木県を流れる思川流域の自然を画像で紹介しています。

市開発地にニホンノウサギ

ニホンノウサギ

ニホンノウサギ

ニホンノウサギ

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
記事を修正しての、再アップです。
小山市がスポーツ・レクレーション等の開発を計画している場所から下流、約1キロには、地元大学が鉄筋コンクリート造りの立派な野球場を建設し、完成しました。この子は、昨年、その近くで出逢いました。私共の直ぐ近くまで来て、走り回り、サービスしてくれたので、静止した時に、何とか撮影することができました。〔思川流域、2014.4.23〕

この野球場は、思川の旧堤防と新堤防の間に建設されたのですが、数年前、この球場の入口にあたる道路脇に、1羽のノウサギが倒れていました。おそらく、交通事故に遭遇したものと思われました。どうしようかと思い、市の博物館に相談。一応、預かってもらえるとのことでしたので持参しました。その後、連絡が来て、地元のノウサギが保存されていないため、資料として保存させていただくとのことでした。画像の子は、もう1羽と共に活動していたのですが、この子たちは、、死亡した子の、一族か、子孫ではないかと思われます。彼らの生活空間が、かなり、狭めれれてきています。

さて、市の開発計画地にも、もちろん、彼らの仲間が生活しています。散歩の方の話では、何度も出逢っているそうで、釣り人の方も、確認しているそうです。ある方は、親子で、計画地脇のサイクリングロードを歩いているのを見たと言っておられました。もちろん、私も数度出逢っています。残念ながら、老体で彼らの動きについて行けず、カメラに収めることはできませんでした。
現状では、オオタカや、その他の動物の脅威にさらされながら、頑張って生活しているものと思われます。しかし、近い将来、小山市の開発によって、その生活が奪われてしまうことになります。

思い出したのですが、地元大学の野球場が建設された場所は、だいぶ前に小山市が「文化の森・美術館」を建設するため樹木を伐採、造成した場所だったように思います。バブルが弾けたか、何かで中止になったと新聞に載っていたような気が・・・。つまり、市有地だったと・・・。なぜ、地元大学が、野球場を建設できたのでしょうか。美術館と野球場では、随分違います・・・。散歩の方々は、今度の開発地と、この野球場を勘違いされたのでしょうか・・・。いや、サッカー場ですから・・・。間違える方々ではないですね・・・。今度、しっかり、聞いてみます。


【お知らせ】 本日、先日の回答を聞こうと、担当の「水と緑の推進課」へ、16時20分、電話しました。しかし、担当の皆さん、会議で不在。17時00分ころ戻られるというので、16時55分、再び電話しました。しかし、まだ戻られていませんでした。とても、お忙しいようです。これを読んだ皆さんの中には、小山市は、逃げているのか、と思われる方がおられるかもしれませんが、本当に、ご多忙です。間違いありません。本日、対応して下さった方も、誠実な対応をして下さいました。また、電話します。

スポンサーサイト
  1. 2015/04/09(木) 20:00:52|
  2. ◆開発計画地情報
  3. | コメント:8
<<思川と両毛線鉄橋 | ホーム | 開発計画地のキジ・雉>>

コメント

Re: Bさんへ

おはようございます。
了解しました。
いろいろ、ありがとうございます。
今後も、宜しく、お願い致します。
  1. 2015/04/11(土) 06:52:31 |
  2. URL |
  3. おもいがわ・omoigawa #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2015/04/11(土) 00:32:10 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

Re: 北海道のくまさんへ

こんばんは。
やはり、そうですか。
様々な場所を歩いておられる方の、お言葉は・・・。
ずしりと、きます・・・。
  1. 2015/04/10(金) 23:08:48 |
  2. URL |
  3. おもいがわ・omoigawa #-
  4. [ 編集 ]

Re: I さんへ

こんばんは。
了解しました。
別便で、ご連絡致します。
  1. 2015/04/10(金) 23:03:42 |
  2. URL |
  3. おもいがわ・omoigawa #-
  4. [ 編集 ]

Re: black kiteさんへ

こんばんは。
東京の通勤圏で市街地近くですからね・・・。
貴重です。
何とか、保存したいです。
市民のためになると思います。
  1. 2015/04/10(金) 22:59:18 |
  2. URL |
  3. おもいがわ・omoigawa #-
  4. [ 編集 ]

ウサギって ほとんど見かけなくなったな
  1. 2015/04/10(金) 22:14:00 |
  2. URL |
  3. 北海道のくま #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2015/04/10(金) 20:54:33 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

こんばんは。
市街地近くにこのような場所が残ってるのはとても貴重だと思います。
ウサギやオオタカその他の野生生物のためにもこのままに残しておいてほしい環境ですね。
  1. 2015/04/10(金) 20:51:44 |
  2. URL |
  3. black kite #ViEr4Dho
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

おもいがわ・omoigawa

Author:おもいがわ・omoigawa
◆思川流域の自然を、画像で紹介する素人です。カメラを担いで、毎日、散歩しています。でも、良い画像は、撮れません。どこかで、お逢いできるかも・・・。


◆カメラ
ニコン
・D70(2005~2012)
・D300(2007~)
・D500(2016~)
・D800(2013~)
フジフィルム
・FINEPIX SL1000(2013~)


◆レンズ
ニコン
・18~70ミリF3.5-4.5G・DX
・28~70ミリF3.5-4.5D
・70~300ミリF4.5-5.6G・VR
・200~500ミリF5.6E・VR
シグマ
・120~400ミリF4.5-5.6・OS
ニコン
・45ミリF2.8P
・50ミリF1.4D
・60ミリマイクロF2.8G
・500ミリF4G・VR(2013~)


◆主目的は、リハビリ散歩ですので、99パーセント手持ちで撮影しています。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

カテゴリ

◆ごあいさつ (1)
★思川の紹介 (2)
★思川流域の風景 (37)
★思川流域の鳥 (9)
アトリ科 (46)
イワヒバリ科 (2)
ウ科 (14)
ウグイス科 (36)
エナガ科 (21)
カイツブリ科 (15)
カッコウ科 (3)
カモメ科 (9)
カモ科 (83)
カラス科 (29)
カワガラス科 (0)
カワセミ科 (19)
キクイタダキ科 (1)
キツツキ科 (28)
キジ科 (22)
クイナ科 (8)
ゴジュウカラ科 (2)
サギ科 (51)
シギ科 (95)
シジュウカラ科 (25)
スズメ科 (4)
セイタカシギ科 (7)
セキレイ科 (37)
セッカ科 (1)
センニュウ科 (2)
タカ科 (122)
タマシギ科 (4)
チドリ科 (56)
ツグミ科 (52)
ツバメ科 (12)
ツバメチドリ科 (4)
トキ科 (6)
ハタオリドリ科 (7)
ハト科 (6)
ハヤブサ科 (35)
ヒタキ科 (30)
ヒバリ科 (9)
ヒヨドリ科 (4)
フクロウ科 (21)
ホオジロ科 (46)
ミサゴ科 (10)
ムクドリ科 (5)
メジロ科 (16)
モズ科 (23)
ヨシキリ科 (2)
レンジャク科 (7)
★思川流域の昆虫 (19)
アゲハチョウ科 (41)
シジミチョウ科 (43)
シロチョウ科 (32)
ジャノメチョウ科 (4)
セセリチョウ科 (16)
タテハチョウ科 (62)
アゲハモドキ科 (1)
アオイトトンボ科 (3)
イトトンボ科 (2)
オニヤンマ科 (4)
カワトンボ科 (5)
サナエトンボ科 (3)
トンボ科 (30)
ヤンマ科 (2)
バッタ科 (5)
カミキリムシ科 (2)
★思川流域の植物 (53)
★思川流域の魚 (5)
★思川流域の諸動物 (43)
★諸地域の諸事象 (1)
★諸思川の風景 (1)
◇栃木県の動植物 (1)
◇北海道の動植物 (137)
◇富山県の動植物 (2)
☆お知らせ (35)
◆開発計画地情報 (42)
レンカク科 (2)
ムシクイ科 (1)

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード