思川-自然の館-

自然の館へ、ようこそ・・・。栃木県を流れる思川流域の自然を画像で紹介しています。

開発計画地のオオタカ

オオタカ

オオタカ

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
記事を修正しての、再アップです。
小山市が、スポーツ・レクレーションの場、造成を計画している場所から、約100メートル離れた上空を飛翔する、オオタカです。計画地などは、彼?(彼女?)の狩場になっています。計画地、及び周辺では、この他に、ハイタカ・ノスリ・トビ・サシバ・ツミ・ハヤブサ・チョウゲンボウ・ミサゴ、それに小さな猛禽モズなどが確認でき、狩りを行ったりしています。つまり、彼らが生活できる環境であるということは、貴重な生態系が存在するということでしょう。〔思川流域、2015.3.26〕
また、渡良瀬遊水地の塒入りなどで知られているチュウヒ・ハイイロチュウヒですが、思川を遡ってくることがあります。彼らは、思川を狩場にしているのです。私の場合、ハイイロチュウヒは、雄を石ノ上橋下流、雌タイプを観晃橋下流・小山市役所西側で確認しています。チュウヒは、網戸橋下流です。以前、知人に聞いた話では、私よりも上流で確認したと言っていたように思います。問い合わせてみようと思います。また、小山市の鳥は、日本固有種のセグロセキレイと位置づけられていたはずなのですが、いつのまにか、セグロセキレイの里ではなく、チュウヒの里?ということになったようです。小山市が、そのように位置づけているとすれば、さらに、環境保護は、重要なはずです。安易な開発は、控えるべきと思うのですが・・・・・・・。これについては、後日、再アップしようと考えています。もちろん、セグロセキレイは、計画地や東側の河原などで生活しています。この子にも、頑張って、生存権・生活権を主張してもらおうと思っています・・・。
以下、ちょっと、彼らの現状を調べてみました。猛禽類とはいえ、彼らも、とても、辛い立場なのだということが、改めて分かりました。リハビリ中の素人ボケ爺です。間違っていましたら、優しく、ご教授、お願い致します。〔2015.4.7〕

・オオタカ・・・・・・・・・・〔環境省・準絶滅危惧種〕〔栃木県・準絶滅危惧種〕
・ハイタカ・・・・・・・・・・〔環境省・準絶滅危惧種〕〔栃木県・準絶滅危惧種〕
・ノスリ
・トビ
・サシバ・・・・・・・・・・・〔環境省・絶滅危惧種〕〔栃木県・準絶滅危惧種〕
・ツミ
・チュウヒ・・・・・・・・・・〔環境省・絶滅危惧種〕〔栃木県・絶滅危惧種〕
・ハイイロチュウヒ・・・〔栃木県・準絶滅危惧種〕
・ハヤブサ・・・・・・・・・〔環境省・絶滅危惧種〕〔栃木県・絶滅危惧種〕
・チョウゲンボウ
・ミサゴ・・・・・・・・・・・・〔環境省・準絶滅危惧種〕〔栃木県・準絶滅危惧種〕


【注意・お願い】 再度のお願いです。小山市が開発しようとしている霞堤内は、様々な生物が生息し、貴重な生態系が営まれています。彼らが生活する、詳細かつ具体的な場所を、ネット上で公開することは、本意ではありません。しかし、開発によって、彼らの生活が脅かされ、奪われ、劇的な変化が起こることは間違いありません。そこで、この地で生活する生物たちに、登場してもらいます。というよりも、勘違いかもしれませんが、彼らの主張の手助けができたらと思います。しかし、アップすることによって、多くの方々が訪問し、逆に、彼らの生活を脅かすことになる可能性もあります。もし、お出でになる場合は、この時期ですので、営巣、子育て中の可能性があります。十分な配慮・注意を、お願い致します。また、道路も広くありません。地元の皆さんや、散歩の皆さんなどに、ご迷惑を、おかけすることになります。この点についても、注意を、お願い致します。さらに、同所は、霞堤内で、古くは、河川敷であったことは間違いありませんが、少なくても、江戸時代、享保の改革のころから、幕府の年貢増徴政策により、地元の農民の方々が、一生懸命に開墾し、子孫の皆さんに引き継がれた場所の可能性があります。つまり、私有地も存在すると思います。ご注意、お願い致します。

スポンサーサイト
  1. 2015/04/07(火) 21:00:53|
  2. ◆開発計画地情報
  3. | コメント:4
<<開発計画地のキジ・雉 | ホーム | 散歩コースの風景と開発地>>

コメント

Re: totoroさんへ

こんにちは。

はい、そうです。
私が、情報の精査を、十分しなかったのが間違いでした。
下書き状態にし、再出発しました。
小山市による開発行為でした。

この度は、本当に、ご心配を、おかけしております。
すでに、御存じでしょうが、この場所は、遊水地に流れ込む思川の中流域にあります。
2度目に、お会いした道の駅・思川の東の方向、数キロ、思川温泉の対岸です。

今も、確実に新しい命が育まれようとしています。
知人も注意深く見守っています。

差支えありません。
totoroさんのお知り合いでしたら、撮影だけが目的ではなく、自然保護も考えて下さる皆さんでしょうから・・・。
本当は、静かに見守ってあげたい、というのが本心ですが・・・。
開発計画は、事実ですし・・・。
何とか、市に考え直してもらわなければなりません。
そのためには、多くの方々に知っていただくことも、必要と判断しました。

皆さん、こちらに、お出でになることはないと思いますが、いらっしゃる場合は、十分な注意を、お願いして下さい。
ご協力、感謝致します。

リハビリ、ボケ爺だけでは、何とも・・・。
それでも、少しずつ輪が広がりつつあります。

大きなうねりになって、ここに生活する子たちの生活が守られたら幸いです。
  1. 2015/04/08(水) 15:23:09 |
  2. URL |
  3. おもいがわ・omoigawa #-
  4. [ 編集 ]

おもいがわさん、こんばんは。

ブログが一時消えたことで「?」と思っていましたが、
やはり開発行為があるのですね。

Twitterをしていますので、
差し支えなければこの記事を紹介しても良いですか?
フォロワーはそれほど多くは無いのですが、
皆さん鳥に興味の有る方ばかりです。
  1. 2015/04/07(火) 21:57:59 |
  2. URL |
  3. totoro #-
  4. [ 編集 ]

Re: Bさんへ

おはようございます。
こちらこそ・・・。
貴重な、ご助言、感謝致します。
家庭内事情で、積極的な行動をとれないのが、残念です。
しかし、ご助言を、活かすことができたらと思います。
引き続き、お気づきの点がありましたら、宜しく、お願い致します。
  1. 2015/04/02(木) 08:41:26 |
  2. URL |
  3. おもいがわ・omoigawa #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2015/04/02(木) 00:21:24 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

おもいがわ・omoigawa

Author:おもいがわ・omoigawa
◆思川流域の自然を、画像で紹介する素人です。カメラを担いで、毎日、散歩しています。でも、良い画像は、撮れません。どこかで、お逢いできるかも・・・。


◆カメラ
ニコン
・D70(2005~2012)
・D300(2007~)
・D500(2016~)
・D800(2013~)
フジフィルム
・FINEPIX SL1000(2013~)


◆レンズ
ニコン
・18~70ミリF3.5-4.5G・DX
・28~70ミリF3.5-4.5D
・70~300ミリF4.5-5.6G・VR
・200~500ミリF5.6E・VR
シグマ
・120~400ミリF4.5-5.6・OS
ニコン
・45ミリF2.8P
・50ミリF1.4D
・60ミリマイクロF2.8G
・500ミリF4G・VR(2013~)


◆主目的は、リハビリ散歩ですので、99パーセント手持ちで撮影しています。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

カテゴリ

◆ごあいさつ (1)
★思川の紹介 (2)
★思川流域の風景 (37)
★思川流域の鳥 (9)
アトリ科 (46)
イワヒバリ科 (2)
ウ科 (14)
ウグイス科 (36)
エナガ科 (21)
カイツブリ科 (15)
カッコウ科 (3)
カモメ科 (9)
カモ科 (83)
カラス科 (29)
カワガラス科 (0)
カワセミ科 (19)
キクイタダキ科 (1)
キツツキ科 (28)
キジ科 (22)
クイナ科 (8)
ゴジュウカラ科 (2)
サギ科 (51)
シギ科 (95)
シジュウカラ科 (25)
スズメ科 (4)
セイタカシギ科 (7)
セキレイ科 (37)
セッカ科 (1)
センニュウ科 (2)
タカ科 (122)
タマシギ科 (4)
チドリ科 (56)
ツグミ科 (52)
ツバメ科 (12)
ツバメチドリ科 (4)
トキ科 (6)
ハタオリドリ科 (7)
ハト科 (6)
ハヤブサ科 (35)
ヒタキ科 (30)
ヒバリ科 (9)
ヒヨドリ科 (4)
フクロウ科 (21)
ホオジロ科 (46)
ミサゴ科 (10)
ムクドリ科 (5)
メジロ科 (16)
モズ科 (23)
ヨシキリ科 (2)
レンジャク科 (7)
★思川流域の昆虫 (19)
アゲハチョウ科 (41)
シジミチョウ科 (43)
シロチョウ科 (32)
ジャノメチョウ科 (4)
セセリチョウ科 (16)
タテハチョウ科 (62)
アゲハモドキ科 (1)
アオイトトンボ科 (3)
イトトンボ科 (2)
オニヤンマ科 (4)
カワトンボ科 (5)
サナエトンボ科 (3)
トンボ科 (30)
ヤンマ科 (2)
バッタ科 (5)
カミキリムシ科 (2)
★思川流域の植物 (53)
★思川流域の魚 (5)
★思川流域の諸動物 (43)
★諸地域の諸事象 (1)
★諸思川の風景 (1)
◇栃木県の動植物 (1)
◇北海道の動植物 (137)
◇富山県の動植物 (2)
☆お知らせ (35)
◆開発計画地情報 (42)
レンカク科 (2)
ムシクイ科 (1)

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード