思川-自然の館-

自然の館へ、ようこそ・・・。栃木県を流れる思川流域の自然を画像で紹介しています。

伊豆沼の朝

伊豆沼

伊豆沼

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
◆以前から、一度訪問したいと考えていた伊豆沼に行ってきました。撮影は、失敗しましたが、素晴らしい光景を観ることができました。水面と空のポツポツは、ほとんどがマガンです。ハクチョウ・カモなどもいると思いますが・・・。拡大していただきますと、遠方から多数の鳥たち(黒点)が飛んで来るのが、ご理解いただけるかもしれません・・・。上は、日の出前、下は、日の出です。
◆kosaiさん、過日は、大変、お世話になりました。夫婦共々、良い経験ができました。感謝致します。

スポンサーサイト
  1. 2016/11/08(火) 19:09:53|
  2. ☆お知らせ
  3. | コメント:2

能登のハマシギ

ハマシギ

ハマシギ

ハマシギ

ハマシギ

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
◆能登半島の海辺の風景を眺めていると・・・。何やら、チョコチョコ動くものが・・・。双眼鏡で観ると、この子たちでした。思わぬ出逢いでした。でも、機材は、後部ベッド下で用意しておらず、そっと準備し、撮影させてもらいました。ハマシギたち十数羽が、夢中で採餌中でした。神さんは、可愛い姿に感激していました。海無し県では、出逢えない光景。新鮮でした。〔石川県、2016.10.17〕

  1. 2016/11/01(火) 19:00:30|
  2. ☆お知らせ
  3. | コメント:2

千里浜

千里浜なぎさドライブウェイ

トトロ

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
◆1枚目は、能登半島、「千里浜なぎさドライブウェイ」です。バスも走っていました。私たちも、ドライブしてきました。2枚目は、ドライブしていると出逢った、トトロです。いや、この子を撮影している若者がいました。許可をもらい、撮影させていただきました。良い思い出となりました。感謝致します。〔石川県、2016.10.16〕

  1. 2016/10/30(日) 21:09:26|
  2. ☆お知らせ
  3. | コメント:2

ヤセの断崖・イソヒヨドリ

ヤセの断崖

イソヒヨドリ

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
◆1枚目は、能登半島、ヤセの断崖から・・・。ヤセの断崖は、松本清張の『ゼロの焦点』の舞台です。2枚目は、断崖で出逢った、イソヒヨドリです。背景は、もちろん、日本海です。〔石川県、2016.10.16〕

  1. 2016/10/28(金) 20:01:20|
  2. ☆お知らせ
  3. | コメント:0

千枚田

千枚田

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
◆能登半島の千枚田です。たまたま、前日から「輪島・白米千枚田あぜのきらめき」が開催されていました。撮影してみましたが・・・。上手く行きませんでした。来年3月12日(日)まで行われているそうです。19時~20時が見ごろとのことです。道の駅の「おにぎりセット」美味しかったです。〔石川県、2016.10.16〕

  1. 2016/10/27(木) 19:16:14|
  2. ☆お知らせ
  3. | コメント:0

炎塩

塩づくりの炎

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
◆能登半島、道の駅・すず塩田村にも立ち寄りました。塩づくりの竈の炎です。NHK朝ドラを思い出しました。〔石川県、2016.10.16〕



  1. 2016/10/25(火) 17:48:06|
  2. ☆お知らせ
  3. | コメント:3

湾の輝

七尾北湾

七尾北湾

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
◆能登半島、七尾北湾の水面です。駐車場に愛車を停め、湾を眺めながら朝食。とは言っても、コンビニで購入したパンとおにぎりなのですが・・・。水面の光が美しかったので、撮ってみました。海無し県に住んでいると、やはり、魅力的です。〔石川県、2016.10.16〕

  1. 2016/10/22(土) 18:45:41|
  2. ☆お知らせ
  3. | コメント:0

帆船

海王丸

海王丸

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
◆富山県射水市新湊にある海王丸です。今回も、時間の関係で、乗船できずでした。〔富山県、2013.10.15〕
◆富山へ墓参に行ってきました。ついでに能登半島を巡ってきました。もちろん、小さな愛車で、貧乏リハビリ車中泊の旅でした。総走行距離1249キロ。富山までは、片道約430キロほどです。もっと、ゆっくりしたかったのですが、歯の治療があるので・・・。

  1. 2016/10/19(水) 08:45:37|
  2. ☆お知らせ
  3. | コメント:4

謹賀新年

本年も昨年同様よろしくお願い申し上げます。
皆様のご健康とご多幸を心よりお祈りいたします。


ベニマシコ

ギンザンマシコ

ニホンザル

ニホンザル

ニホンザル

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
1枚目は、一昨年の雛祭りの日、思川本流で出逢った、ベニマシコ(紅猿子)です。〔思川流域、2014.3.3〕
2枚目は、一昨年、北海道車中泊の旅で出逢った、ギンザンマシコ(銀山猿子)です。ブレいますが、初見・記念の1枚です。〔北海道、2014.6.25〕
3枚目以降は、年末に出逢ったニホンザル(日本猿)です。約100頭?ほどの群でした。草木などを食べながら移動していました。賀状を印刷した後の出逢いでした。今年も、ゆっくり、散歩しよと考えています。〔思川流域、2015.12.22〕 

  1. 2016/01/01(金) 01:01:01|
  2. ☆お知らせ
  3. | コメント:14

思い出

本年、最後のアップです。今年も、新たな出逢いを含めて、様々な出逢いがありました。それらの中から、予想外の出逢いを、3枚選んでみました。来る年は、どのような出逢いがあるでしょう・・・。
小さなジャングル庭の木々は、すっかり葉が落ち、清掃もしたので、寒々とした感じになりました。散らかった屋内の清掃も、明日には、一応終了するでしょう。皆様も、ご多忙のことと思います。お体に留意され、良き新年を、お迎え下さい。
↓ 画像をクリックすると、拡大することができます。


エゾヒグマ
北海道の旅で、帰宅直前に出逢った、エゾヒグマです。走って、こちらに・・・。ちょっと、ビックリ・・・。幸い右方向へ・・・。3度目の旅での出逢いでした。〔サロベツ原生花園、2015.6.21〕


ヘラサギ
暑い夏の日・・・。シギチとの出逢いを期待し、車散歩・・・。シギチとの出逢いは、無し・・・。帰宅しようと、T字路へ。前方の休耕田に、いつものシラサギが・・・。と思ったら、嘴が箆でした。〔思川流域、2015.8.18〕


ジョウビタキ
カモを観ていると、前車のサイドミラーに、ジョウビタキの雌が・・・。このミラーを気に入ったのでしょうか・・・。前回、アップの画像よりも、さらに、ミラーに近づいた画像です。


来年は、申年ですね。我が家にも、年齢不詳ですが、申年生まれが・・・。賀状は、その後姿にしようかと、相談したのですが・・・。結局、申年には関係ない画像を選択・印刷・・・。その後、何と上流で、ニホンザル約100頭の群に出逢いました。新年、最初のアップは・・・。

  1. 2015/12/26(土) 19:28:27|
  2. ☆お知らせ
  3. | コメント:10
次のページ

プロフィール

おもいがわ・omoigawa

Author:おもいがわ・omoigawa
◆思川流域の自然を、画像で紹介する素人です。カメラを担いで、毎日、散歩しています。でも、良い画像は、撮れません。どこかで、お逢いできるかも・・・。


◆カメラ
ニコン
・D70(2005~2012)
・D300(2007~)
・D500(2016~)
・D800(2013~)
フジフィルム
・FINEPIX SL1000(2013~)


◆レンズ
ニコン
・18~70ミリF3.5-4.5G・DX
・28~70ミリF3.5-4.5D
・70~300ミリF4.5-5.6G・VR
・200~500ミリF5.6E・VR
シグマ
・120~400ミリF4.5-5.6・OS
ニコン
・45ミリF2.8P
・50ミリF1.4D
・60ミリマイクロF2.8G
・500ミリF4G・VR(2013~)


◆主目的は、リハビリ散歩ですので、99パーセント手持ちで撮影しています。

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

カテゴリ

◆ごあいさつ (1)
★思川の紹介 (2)
★思川流域の風景 (37)
★思川流域の鳥 (9)
アトリ科 (46)
イワヒバリ科 (2)
ウ科 (13)
ウグイス科 (34)
エナガ科 (19)
カイツブリ科 (14)
カッコウ科 (3)
カモメ科 (9)
カモ科 (79)
カラス科 (29)
カワガラス科 (0)
カワセミ科 (19)
キクイタダキ科 (1)
キツツキ科 (28)
キジ科 (20)
クイナ科 (8)
ゴジュウカラ科 (1)
サギ科 (51)
シギ科 (94)
シジュウカラ科 (23)
スズメ科 (2)
セイタカシギ科 (6)
セキレイ科 (37)
セッカ科 (1)
センニュウ科 (2)
タカ科 (121)
タマシギ科 (4)
チドリ科 (54)
ツグミ科 (52)
ツバメ科 (12)
ツバメチドリ科 (4)
トキ科 (6)
ハタオリドリ科 (7)
ハト科 (6)
ハヤブサ科 (35)
ヒタキ科 (27)
ヒバリ科 (9)
ヒヨドリ科 (4)
フクロウ科 (18)
ホオジロ科 (45)
ミサゴ科 (10)
ムクドリ科 (4)
メジロ科 (16)
モズ科 (23)
ヨシキリ科 (2)
レンジャク科 (7)
★思川流域の昆虫 (19)
アゲハチョウ科 (41)
シジミチョウ科 (43)
シロチョウ科 (32)
ジャノメチョウ科 (4)
セセリチョウ科 (16)
タテハチョウ科 (62)
アゲハモドキ科 (1)
アオイトトンボ科 (3)
イトトンボ科 (2)
オニヤンマ科 (4)
カワトンボ科 (5)
サナエトンボ科 (3)
トンボ科 (30)
ヤンマ科 (2)
バッタ科 (5)
カミキリムシ科 (2)
★思川流域の植物 (52)
★思川流域の魚 (5)
★思川流域の諸動物 (42)
★諸地域の諸事象 (1)
★諸思川の風景 (1)
◇栃木県の動植物 (1)
◇北海道の動植物 (137)
◇富山県の動植物 (2)
☆お知らせ (35)
◆開発計画地情報 (42)
レンカク科 (2)

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード