思川-自然の館-

自然の館へ、ようこそ・・・。栃木県を流れる思川流域の自然を画像で紹介しています。

レンカク・蓮角

レンカク

レンカク

レンカク

レンカク

レンカク

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
◆改めて、レンカクです。様々な意味において、思い出の鳥です。〔思川流域、2016.7.19〕
◆この子は、7月19日に出逢いました。初見・初撮影で、思川流域で出逢った176種目の鳥です。約2日間滞在していました。その間、私の情報公開(提供)のミスで、パトカーも出動する騒ぎとなり、地元の皆様には、大変、ご迷惑をおかけしました。また、撮影に来られた皆様には、私の記述などで、不愉快な思いをされた方もおられると思います。関係者の皆様には、改めて、お詫び致します。出逢った瞬間は、正直、嬉しく思いましたが、その後の展開は、反省するばかりです。
◆この春、北海道の旅をさせていただき、「道の駅・おだいとう」に立ち寄った際、『マナーを守って野鳥撮影をもっと楽しもう-野鳥撮影マナーブック-』という小冊子が置いてありましたので1冊頂戴してきました。監修は、公益財団法人日本野鳥の会、発行は、キャノンマーケティングジャパン株式会社です。この冊子を改めて読み直してみました。そこには、「野鳥撮影のマナー7か条」が記されていました。次の通りです。

1.野鳥の巣には近づかない
2.野鳥を追い回さない
3.珍鳥や人気の情報を公開しない
4.周囲の人や撮影場所選びには十分な配慮をする
5.餌付けや、環境改変は行わない
6.自然にやさしいマナーを心掛けよう
7.ストロボは使用しない

◆この7か条の下には、さらに、説明が記されています。一読すると、反省することばかりです。特に、3は、今回の私のミスを的確に表していますので、長くなりますが以下に記します。原文のままです。

「珍鳥や人気の鳥が現れたという情報が出ると、インターネットなどであっという間に拡散し、翌日には数百人が集まって地元の方々に迷惑をかける事態が増えています。出現場所の私有地への無断立ち入りや、道路で歩行者や車の通行を妨げたりしてしまうと、地元の方や利用者にストレスを与え、トラブルに発展する可能性があります。『知り合いに特別に教えてあげるだけ』と思っても、輪になって広がっていくものです。情報公開は控えましょう。」

◆まさに、この通りのことが起こってしまいました。いや、起こしてしまいました。このようになることは、過去の状況・情報から意識はしていましたが、今回、大失敗を・・・。本当に反省するばかりです。反省する機会を与えてもらった、この小冊子には感謝です。この子のように時折、振り返って、読み返そうと思っております。

スポンサーサイト
  1. 2016/09/20(火) 12:08:45|
  2. レンカク科
  3. | コメント:2

レンカク・お詫び

レンカク

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
農道を走行していると、畔に、アオアシシギがいたので、カメラを持ち出すと、向こう側から、ひょこり姿を現したのがこの子です。いつの日か、出逢いたいと思っていた子でした。初見・初撮影。思川流域の鳥、176種となりました。出逢った時は、嬉しかったのですが、思い出の鳥となってしまいました。〔思川流域、2016.7.19〕

【お詫び】本日、レンカクがいた場所に行ってみました。もう姿はありませんでした。19日午前10時18分初認。20日夕方7時までは、いたそうです。19日午後からは、あっという間に、多くの皆様が・・・。特に、20日、昼ごろには、約60台の車が・・・。トータルでは、100台との話も。本日、地元の方に聞いたのですが、パトカーも出動したとのことでした。それを聞いて、正直、落ち込みました。このような事態に至りましたのは、一重に、私の軽率な判断によるものでした。以前、こちらに珍鳥が来た際、カメラマン同士でトラブルがあったと聞いたことがあり、また、各地で同様な事例が有ったと聞き及んでいましたので、そのようなことにならないよう、注意しようと思っていました。しかし、珍鳥を初見した嬉しさからか、判断を誤ってしまったようです。野鳥に興味のない、神さんからは、「貴方が悪い」と指摘されてしまう始末。地元の皆様には、本当に申し訳ないことを致しました。この場を、お借りし、お詫び申し上げます。今後、このようなことのないよう、十分注意致します。また、レンカクを撮影に、来られた皆様には、お気を悪くされるかと思います。重ねて、お詫び申し上げます。

◆珍鳥と思われる個体については、以前からシーズン終了時、もしくは、姿を確認できなくなってから、アップするよう心掛けています。今回は、姿を確認できなくなったと判断しました。

  1. 2016/07/22(金) 19:50:37|
  2. レンカク科
  3. | コメント:6

プロフィール

おもいがわ・omoigawa

Author:おもいがわ・omoigawa
◆思川流域の自然を、画像で紹介する素人です。カメラを担いで、毎日、散歩しています。でも、良い画像は、撮れません。どこかで、お逢いできるかも・・・。


◆カメラ
ニコン
・D70(2005~2012)
・D300(2007~)
・D500(2016~)
・D800(2013~)
フジフィルム
・FINEPIX SL1000(2013~)


◆レンズ
ニコン
・18~70ミリF3.5-4.5G・DX
・28~70ミリF3.5-4.5D
・70~300ミリF4.5-5.6G・VR
・200~500ミリF5.6E・VR
シグマ
・120~400ミリF4.5-5.6・OS
ニコン
・45ミリF2.8P
・50ミリF1.4D
・60ミリマイクロF2.8G
・500ミリF4G・VR(2013~)


◆主目的は、リハビリ散歩ですので、99パーセント手持ちで撮影しています。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

カテゴリ

◆ごあいさつ (1)
★思川の紹介 (2)
★思川流域の風景 (37)
★思川流域の鳥 (9)
アトリ科 (46)
イワヒバリ科 (2)
ウ科 (14)
ウグイス科 (37)
エナガ科 (21)
カイツブリ科 (17)
カッコウ科 (3)
カモメ科 (9)
カモ科 (83)
カラス科 (29)
カワガラス科 (0)
カワセミ科 (19)
キクイタダキ科 (1)
キツツキ科 (28)
キジ科 (22)
クイナ科 (8)
ゴジュウカラ科 (2)
サギ科 (56)
シギ科 (95)
シジュウカラ科 (25)
スズメ科 (4)
セイタカシギ科 (7)
セキレイ科 (38)
セッカ科 (3)
センニュウ科 (3)
タカ科 (122)
タマシギ科 (4)
チドリ科 (56)
ツグミ科 (52)
ツバメ科 (12)
ツバメチドリ科 (4)
トキ科 (6)
ハタオリドリ科 (7)
ハト科 (6)
ハヤブサ科 (35)
ヒタキ科 (33)
ヒバリ科 (9)
ヒヨドリ科 (4)
フクロウ科 (21)
ホオジロ科 (48)
ミサゴ科 (10)
ムクドリ科 (5)
メジロ科 (16)
モズ科 (23)
ヨシキリ科 (6)
レンジャク科 (7)
★思川流域の昆虫 (19)
アゲハチョウ科 (42)
シジミチョウ科 (44)
シロチョウ科 (32)
ジャノメチョウ科 (4)
セセリチョウ科 (16)
タテハチョウ科 (63)
アゲハモドキ科 (1)
アオイトトンボ科 (3)
イトトンボ科 (4)
オニヤンマ科 (4)
カワトンボ科 (7)
サナエトンボ科 (4)
トンボ科 (31)
ヤンマ科 (2)
バッタ科 (5)
カミキリムシ科 (2)
★思川流域の植物 (56)
★思川流域の魚 (5)
★思川流域の諸動物 (44)
★諸地域の諸事象 (1)
★諸思川の風景 (1)
◇栃木県の動植物 (1)
◇北海道の動植物 (175)
◇富山県の動植物 (2)
☆お知らせ (35)
◆開発計画地情報 (42)
レンカク科 (2)
ムシクイ科 (1)
ミソサザイ科 (2)

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード