思川-自然の館-

自然の館へ、ようこそ・・・。栃木県を流れる思川流域の自然を画像で紹介しています。

ヘラサギ・箆鷺 6 嘴見てね!!

ヘラサギ

ヘラサギ

ヘラサギ

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
当ブログは、まだまだ、夏です。何回も登場してもらっている、ヘラサギ・・・。嘴を正面方向から観たかった・・・。〔思川流域、2015.8.16〕
車中泊の基本的な準備は、完了しました。ベッドを設置し、上段で就寝できるようにしました。かなり、快適になりました。下段には、荷物を収納できるように・・・。機材や長靴も積めます。シェードも、前車の物を手直し、手作りしました。これで、思川散歩再開と、思ったら、神さんが足を傷め通院、徒歩での散歩は無理・・・。ちょうど、雨も降って、ゆっくり、休養です。今日は、痛みもとれたとのことで一安心、念のため、しばらくは、愛車での散歩となりそうです。私は、歯の治療で通院。12月には、定期健診。それにしても、どこの病院へ行っても、患者さんだらけ・・・。「一億総活躍社会」とか、ボケ老人には、ピンとこないものが、世間で話題になっているようですが、「一億総病人社会」なら理解しやすいかも・・・。健康に留意し、生活しなければ・・・。寒くなってきました、皆様も十分、注意なさって下さいね・・・。

スポンサーサイト
  1. 2015/11/14(土) 11:03:36|
  2. トキ科
  3. | コメント:0

ヘラサギ・箆鷺 5 ユラユラ

ヘラサギ

ヘラサギ

ヘラサギ

ヘラサギ

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
ヘラサギの採餌です。体を、ユラユラさせながら・・・、ゆったりした感じ・・・。しかし、魚類はいない休耕田、何か、丸っぽい物を呑み込んでいました。この時、付近に滞在したのは、おそらく、3日間。食べ物が多く有れば、もう少し滞在してくれたのかも・・・。たった1羽の体を維持できるだけの食べ物がない場所では、長期滞在を望むのは・・・、無理?・・・。新聞報道によると、近くにコウノトリ用の鉄骨製の立派な巣塔が造られたらしいです。素人考えですが、先ずは、立派な構造物よりも、彼らが生活できる環境の維持・回復ではないかと・・・。ヘラサギを観ていて思ったりしました・・・。〔思川流域、2015.8.16・18〕

  1. 2015/10/17(土) 18:46:03|
  2. トキ科
  3. | コメント:4

ヘラサギ・箆鷺 4 カキカキ

ヘラサギ

ヘラサギ

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
採餌の途中、カキカキしていました。〔思川流域、2015.8.16〕


  1. 2015/10/04(日) 18:55:47|
  2. トキ科
  3. | コメント:0

ヘラサギ・箆鷺 3 ノビノビ

ヘラサギ

ヘラサギ

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
ヘラサギが、「ノビノビ」していました。下の画像は、正面から・・・。〔思川流域、2015.8.16・18〕

ブログのアップを怠っている間に、安保法=「安倍法」は、可決されてしまいました。首相は、衆院採決にあたり、国民に十分理解されていないので説明して行くとしながら、十分な説明・答弁もなく、参院で採決・・・。採決にあたり、まだ、理解されていないとしながらも、強行採決。その後、国民には、十分な説明は無いようです・・・。どうも、「ノビノビ」できない国に向かっている感じがします。今後、一国民として、この課題は、忘れることなく、十分注意して行こうと考えています。

年に数回、神さんと共に、リハビリ車中泊の旅をしています。愛車フリード・スパイクは、私共には、ピッタリな車で、とても、良く走ってもらっています。あまりによく走ってくれるので、予想以上の走行距離に・・・。そこで、新愛車の検討を・・・。その結果、車中泊の王道と言われている、ハイエースに決め、注文しました。ハイエースなら、「ノビノビ」旅ができると考えたからでもありました。しかし、販売店が、私どもには、販売したくなかったようで、発注を怠る対応・・・。楽しみに待っていましたが、キャンセルしてしまいました。対応に呆れ、ガッカリしましたが、今は、別な車を購入することにしました。今度の愛車は、現愛車と、ほぼ同じか、それ以上の走りをしてくれると思います。積載量・燃費・安全面でも、より充実し、少し車内も広くなるので、現愛車よりも、「ノビノビ」旅ができると思います。今では、販売して下さらなかった販売店に感謝しています(笑)。

  1. 2015/09/25(金) 11:29:28|
  2. トキ科
  3. | コメント:2

ヘラサギ・箆鷺 2 ヘラヘラ

ヘラサギ

ヘラサギ

ヘラサギ

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
出逢った直後、特徴のある嘴が見えました。そして、口を開けて・・・。「お前には、上手く撮影できないよ・・・」と、「へらへら」笑われてしまいました。それにしても、なぜ、このような嘴に・・・、なったのでしょう。〔思川流域、2015.8.16〕

  1. 2015/09/05(土) 20:02:55|
  2. トキ科
  3. | コメント:0

ヘラサギ・箆鷺 1

ヘラサギ

ヘラサギ

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
昼間は、猛暑が続く日、シギチとの出逢いを期待しながら、いつもの歩かない散歩・・・。今季から「夏水たんぼ」なるものが出現し、シギチとの出逢いが多くなるだろうと思っていましたが、予想以上の出逢いの少なさ・・・。この日も、出逢いは少なく、帰宅しようと、いつものT字路へ。すると、前方に、サギが2羽。いつものダイサギと思いながら、左折を始めると、道路から約15メートルの位置にいた個体の嘴が、ヘラヘラと、アップで見えました。何と・・・、ヘラサギでした。そのまま駐車すると、危険な場所なので、数百メートル進み、戻ってみると、少し遠方に移動していましたが、まだ、いてくれました。ヘラサギには、今年4月、知人に教えていただき、初めて出逢うことができました。しかし、遠方で、私の撮影技術では、とてもとても、対応できませんでした。いつの日か、再会したいと、願ってはいましたが、数が少ないと言われている種、それは無理だろうと考えていました。ところが、目の前に・・・。拙い、技術ですので、結局は、遠方でも、近くでも、皆同じ・・・。驚きの出逢いとなりました。明確では、ありませんが、この子は、確認後、移動しながら3日間は、滞在していたようです。春に出逢った個体と同一なのか、別なのかは、素人には、分かりません。春と秋の渡りの途中で、立ち寄った個体なのでしょうか・・・。今後、数回に分けて、アップ予定です。〔思川流域、2015.8.16〕

  1. 2015/08/26(水) 20:07:48|
  2. トキ科
  3. | コメント:10

プロフィール

おもいがわ・omoigawa

Author:おもいがわ・omoigawa
◆思川流域の自然を、画像で紹介する素人です。カメラを担いで、毎日、散歩しています。でも、良い画像は、撮れません。どこかで、お逢いできるかも・・・。


◆カメラ
ニコン
・D70(2005~2012)
・D300(2007~)
・D500(2016~)
・D800(2013~)
フジフィルム
・FINEPIX SL1000(2013~)


◆レンズ
ニコン
・18~70ミリF3.5-4.5G・DX
・28~70ミリF3.5-4.5D
・70~300ミリF4.5-5.6G・VR
・200~500ミリF5.6E・VR
シグマ
・120~400ミリF4.5-5.6・OS
ニコン
・45ミリF2.8P
・50ミリF1.4D
・60ミリマイクロF2.8G
・500ミリF4G・VR(2013~)


◆主目的は、リハビリ散歩ですので、99パーセント手持ちで撮影しています。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

カテゴリ

◆ごあいさつ (1)
★思川の紹介 (2)
★思川流域の風景 (37)
★思川流域の鳥 (9)
アトリ科 (46)
イワヒバリ科 (2)
ウ科 (14)
ウグイス科 (37)
エナガ科 (21)
カイツブリ科 (17)
カッコウ科 (3)
カモメ科 (9)
カモ科 (83)
カラス科 (29)
カワガラス科 (0)
カワセミ科 (19)
キクイタダキ科 (1)
キツツキ科 (28)
キジ科 (22)
クイナ科 (8)
ゴジュウカラ科 (2)
サギ科 (53)
シギ科 (95)
シジュウカラ科 (25)
スズメ科 (4)
セイタカシギ科 (7)
セキレイ科 (38)
セッカ科 (3)
センニュウ科 (3)
タカ科 (122)
タマシギ科 (4)
チドリ科 (56)
ツグミ科 (52)
ツバメ科 (12)
ツバメチドリ科 (4)
トキ科 (6)
ハタオリドリ科 (7)
ハト科 (6)
ハヤブサ科 (35)
ヒタキ科 (33)
ヒバリ科 (9)
ヒヨドリ科 (4)
フクロウ科 (21)
ホオジロ科 (48)
ミサゴ科 (10)
ムクドリ科 (5)
メジロ科 (16)
モズ科 (23)
ヨシキリ科 (4)
レンジャク科 (7)
★思川流域の昆虫 (19)
アゲハチョウ科 (42)
シジミチョウ科 (44)
シロチョウ科 (32)
ジャノメチョウ科 (4)
セセリチョウ科 (16)
タテハチョウ科 (63)
アゲハモドキ科 (1)
アオイトトンボ科 (3)
イトトンボ科 (3)
オニヤンマ科 (4)
カワトンボ科 (7)
サナエトンボ科 (4)
トンボ科 (31)
ヤンマ科 (2)
バッタ科 (5)
カミキリムシ科 (2)
★思川流域の植物 (55)
★思川流域の魚 (5)
★思川流域の諸動物 (43)
★諸地域の諸事象 (1)
★諸思川の風景 (1)
◇栃木県の動植物 (1)
◇北海道の動植物 (144)
◇富山県の動植物 (2)
☆お知らせ (35)
◆開発計画地情報 (42)
レンカク科 (2)
ムシクイ科 (1)
ミソサザイ科 (2)

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード