思川-自然の館-

自然の館へ、ようこそ・・・。栃木県を流れる思川流域の自然を画像で紹介しています。

アズマヒキガエル

アズマヒキガエル

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
◆野鳥を探しながら散歩していると、葦焼き後の水辺に、この子が顔を出していました。アズマヒキガエルだと思います。貫禄十分かと・・・。ちなみに、鳥は、入っておりません。〔渡良瀬遊水地、2017.4.5〕
◇D500+200~500

スポンサーサイト
  1. 2017/04/05(水) 19:45:22|
  2. ★思川流域の諸動物
  3. | コメント:0

ニホンイノシシ・日本猪

イノシシ

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
◆堤防の上で、鳥待ちをしていると、左側下に、黒い塊が現れ、走って堤防を越え、右下のヨシの中に入って行きました。何と、イノシシでした。かなりの枚数を撮ったのですが、失敗しました。おもいきり、トリミングしています。初確認・初撮影です。襲われなくて、良かったです。〔渡良瀬遊水地、2016.12.15〕

  1. 2016/12/15(木) 20:31:17|
  2. ★思川流域の諸動物
  3. | コメント:0

ホンドタヌキ(本土狸)

ホンドタヌキ

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
◆ホンドタヌキです。この日は、2度出逢いました。1度目は、交通事故に遭ったと思われる子。そして、この子・・・。この子も道路を、ウロウロ。車が来たので、道路脇に移動し、こちらを見ていました。逆光でした。〔渡良瀬遊水地、2016.11.17〕

  1. 2016/11/18(金) 19:49:28|
  2. ★思川流域の諸動物
  3. | コメント:0

ニホンイタチ・日本鼬

ニホンイタチ

ニホンイタチ

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
用水路の上にいた、イタチですが、私共に気付いたのか、姿を消してしまいました。と、思ったら、配管から顔を出し、こちらを見ていました。寒波も一段落し、暖かくなったので、この後、ウトウト寛いでいました。〔思川流域、2016.1.26〕


  1. 2016/01/27(水) 18:29:32|
  2. ★思川流域の諸動物
  3. | コメント:6

小さなイタチ・鼬

イタチ

イタチ

イタチ

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
イタチに出逢うことが多いので、勝手にイタチロードと命名している道と、橋を挟んで反対側の道路を走行していると、かなり前方に、小動物が歩いたり、走ったりしていました。最初は、ネズミのように見えたので、初撮影できるのではと、期待が膨らみました・・・。しかし、ゆっくり、近づいてみると、イタチの子供でした。大人のように、尻尾が太くないので、遠方から見た時は、ネズミに見えてしまったのでした。時折、道路に伏せていましたが、元気でした。しばらくすると、対向車が来て、その前を左右にウロウロ・・・。ドライバーの方、気付いて下さって、停車・・・。無事にヨシ原に入って行きました。この場所でも、何回か出逢っているので、イタチロードを延長することにしました。〔渡良瀬遊水地、2015.10.14〕

  1. 2015/10/16(金) 18:00:04|
  2. ★思川流域の諸動物
  3. | コメント:0

イタチ・鼬

イタチ

イタチ

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
また、イタチです。前回アップの個体と同じ子だと思います。尾の付け根の毛が抜けている感じなので・・・。この日も、道路をウロウロしていました。いつも、出逢うイタチロードの先にいました。イタチロードの範囲を延長しないと・・・。〔渡良瀬遊水地、2015.3.16〕
〔注意〕いつも記していますが、イタチロードという名称の道は存在しません。出逢いが多いので、勝手に、そのように呼んでいます。


  1. 2015/03/17(火) 21:08:49|
  2. ★思川流域の諸動物
  3. | コメント:0

イタチ・鼬

イタチ

イタチ

イタチ

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
半月ぶりに散歩に出ました。流域では、チョウが飛び、ウグイス・シジュウカラ・ヒバリが囀っていました。ハイチュウ・モズ・アリスイにも出逢って・・・。一生懸命、撮影したのですが、どうも、変な感じ・・・。何とか、写っていたのは、この子でした。〔渡良瀬遊水地、2015.3.13}

  1. 2015/03/13(金) 20:42:37|
  2. ★思川流域の諸動物
  3. | コメント:2

タヌキ・狸

タヌキ

タヌキ

タヌキ

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
珍で賑わっていた場所・・・。カメラを構えることもなく、いつも、通過していましたが・・・・。この日は、少し、落ち着きを取り戻したような・・・。もしかして、おこぼれが、と、ゆっくり走行して帰宅途中。橋の上に来ると、下に、この子が・・・。愛車を、安全な場所に移動させてから、下車して橋の上から撮影。タヌキではないかと・・・。しかし、撮影しながら、おやっと・・・。毛が抜けて、可愛そうな状況でした。疥癬でしょうか。しかも、不思議なのは、首にビニールの紐が・・・。疥癬タヌキは、各地で確認されているようですが、紐は、何故でしょう・・・。これまで、タヌキには、何回も出逢っていますが、こんなかたちで初撮影とは・・・。とうとう、珍撮影には、至りませんでしたが、不思議な出逢いとなりました。〔渡良瀬遊水地、2015.1.7〕

  1. 2015/01/09(金) 20:57:56|
  2. ★思川流域の諸動物
  3. | コメント:0

木枯し猫次郎

イタチロードを走行していると、ここのところ、出逢いの多いネコが、何かを見つめていました。もしかして、小鳥でも狙っているのかと思い、レンズを向けてみました。すると、飛び上がって、草むらの中に頭を・・・。少しして、ネズミを咥え、道路脇に・・・。食べ始めました。ネズミは、ハタネズミでしょうか?・・・。食べ始めてから約1分ちょっとで、お腹の中へ納められました。予想以上に早く感じました。食べ終わってからは、「お前、観たな・・・」と、眼を飛ばされたような・・・。最後は、ゆったり、堂々と道路を横断して行きました。最後の画像は、翌日、近くの道路を歩いていた1枚です。この日も、ネズミらしきものを捕えていました。この子、遊水地のほぼ中央の道路が縄張りのようです。おそらく、捨て猫でしょう。赤城・男体下ろし、空っ風が吹き荒れ、沼に氷が張る厳寒の中、しっかり、自分自身の力で逞しく生活しているようです。子供のころ、実家の屋根裏は、ネズミの運動場化していたので、父がネコを貰ってきました。しかし、このネコ、ネズミを捕えたことはありませんでした。ネズミの捕食シーンを、観たのは初です。なお、ネズミの撮影も初のことです。こんなかたちで出逢うとは・・・。〔渡良瀬遊水地、2014.12.24・25〕
イタチロードという名称の道路は、存在しません。この道で何度も出逢っているので、勝手に、そのように呼んでいます。ネコは、イタチ目???・・・。我が家の庭は、今、隣家のネコのトイレとなっています。鈴を付けた可愛い子です。でも、正直、遊水地の逞しいネコを、応援したくなります。いずれにしても、人間の責任でしょう・・・・・。
↓ 画像をクリックすると、拡大することができます。

431 (2) (1024x692)

ネコ・ネズミ

ネコ・ネズミ

ネコ・ネズミ

ネコ・ネズミ

ネコ

ネコ

ネコ

ネコ

ネコ


  1. 2014/12/26(金) 19:00:03|
  2. ★思川流域の諸動物
  3. | コメント:2

クサガメ・臭亀

カメ

カメ

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
休耕田で、サギを眺めていると、中央付近を、右から左に動く物がありました(1枚目)。土の塊のようなものが動いているので、不思議に思い、神さんに話すと、「怪獣じゃないの・・・」と、サンカノゴイを、初めて見た時のような会話となってしまいました。私共は、分からない物は全て怪獣にしてしまう傾向が・・・。しばらくすると、徐々に左にカーブし、近づいて来て、顔が・・・(2枚目)。土を乗せたカメでした・・・。クサガメではないかと・・・。間違っていたら、ご教授、お願い致します。田んぼでも、様々な出逢いがあります。〔思川流域、2014.8.23〕

  1. 2014/09/06(土) 21:09:44|
  2. ★思川流域の諸動物
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

おもいがわ・omoigawa

Author:おもいがわ・omoigawa
◆思川流域の自然を、画像で紹介する素人です。カメラを担いで、毎日、散歩しています。でも、良い画像は、撮れません。どこかで、お逢いできるかも・・・。


◆カメラ
ニコン
・D70(2005~2012)
・D300(2007~)
・D500(2016~)
・D800(2013~)
フジフィルム
・FINEPIX SL1000(2013~)


◆レンズ
ニコン
・18~70ミリF3.5-4.5G・DX
・28~70ミリF3.5-4.5D
・70~300ミリF4.5-5.6G・VR
・200~500ミリF5.6E・VR
シグマ
・120~400ミリF4.5-5.6・OS
ニコン
・45ミリF2.8P
・50ミリF1.4D
・60ミリマイクロF2.8G
・500ミリF4G・VR(2013~)


◆主目的は、リハビリ散歩ですので、99パーセント手持ちで撮影しています。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

カテゴリ

◆ごあいさつ (1)
★思川の紹介 (2)
★思川流域の風景 (37)
★思川流域の鳥 (9)
アトリ科 (46)
イワヒバリ科 (2)
ウ科 (14)
ウグイス科 (37)
エナガ科 (21)
カイツブリ科 (17)
カッコウ科 (3)
カモメ科 (9)
カモ科 (83)
カラス科 (29)
カワガラス科 (0)
カワセミ科 (19)
キクイタダキ科 (1)
キツツキ科 (28)
キジ科 (22)
クイナ科 (8)
ゴジュウカラ科 (2)
サギ科 (53)
シギ科 (95)
シジュウカラ科 (25)
スズメ科 (4)
セイタカシギ科 (7)
セキレイ科 (38)
セッカ科 (3)
センニュウ科 (3)
タカ科 (122)
タマシギ科 (4)
チドリ科 (56)
ツグミ科 (52)
ツバメ科 (12)
ツバメチドリ科 (4)
トキ科 (6)
ハタオリドリ科 (7)
ハト科 (6)
ハヤブサ科 (35)
ヒタキ科 (33)
ヒバリ科 (9)
ヒヨドリ科 (4)
フクロウ科 (21)
ホオジロ科 (48)
ミサゴ科 (10)
ムクドリ科 (5)
メジロ科 (16)
モズ科 (23)
ヨシキリ科 (4)
レンジャク科 (7)
★思川流域の昆虫 (19)
アゲハチョウ科 (42)
シジミチョウ科 (44)
シロチョウ科 (32)
ジャノメチョウ科 (4)
セセリチョウ科 (16)
タテハチョウ科 (63)
アゲハモドキ科 (1)
アオイトトンボ科 (3)
イトトンボ科 (3)
オニヤンマ科 (4)
カワトンボ科 (7)
サナエトンボ科 (4)
トンボ科 (31)
ヤンマ科 (2)
バッタ科 (5)
カミキリムシ科 (2)
★思川流域の植物 (55)
★思川流域の魚 (5)
★思川流域の諸動物 (43)
★諸地域の諸事象 (1)
★諸思川の風景 (1)
◇栃木県の動植物 (1)
◇北海道の動植物 (138)
◇富山県の動植物 (2)
☆お知らせ (35)
◆開発計画地情報 (42)
レンカク科 (2)
ムシクイ科 (1)
ミソサザイ科 (2)

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード