思川-自然の館-

自然の館へ、ようこそ・・・。栃木県を流れる思川流域の自然を画像で紹介しています。

ジョウビタキ

ジョウビタキ

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。」
◆ジョウビタキの雌。出逢いは、多いのですが・・・。微笑んで欲しかった・・・。〔渡良瀬遊水地、2018.1.20〕
◇D500+200~500

スポンサーサイト
  1. 2018/01/27(土) 19:52:13|
  2. ヒタキ科
  3. | コメント:0

ジョウビタキ

ジョウビタキ

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
◆薮中のジョウビタキの雌です。ピンは、前の枯葉、残念・・・。〔渡良瀬遊水地、2018.1.10〕

  1. 2018/01/11(木) 18:23:52|
  2. ヒタキ科
  3. | コメント:0

ルリビタキ

ルリビタキ

ルリビタキ

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
◆1枚目、日陰で食べ物を探していた、ルリビタキ・・・。明るい場所に出て来ました。嘴に何か・・・。2枚目、日陰のルリビタキです。同一個体です。〔思川流域、2018.1.5〕
◇D500+200~500

  1. 2018/01/06(土) 18:47:51|
  2. ヒタキ科
  3. | コメント:0

ジョウビタキ

ジョウビタキ

ジョウビタキ

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
◆今季も、我が家の小さな庭に、ジョウビタキが来てくれました。例年は、10月に来ることが多いのですが・・・。リノベーションで、ゴタゴタしていたのが影響したのか、もしくは、確認できなかったのかもです。紅葉は、生垣にしているドウダンツツジです。散歩に行けず、久しぶりの撮影です。機材は、何とか動いてくれました。〔我が家、2017.11.15〕
◇D500+200~500

  1. 2017/11/16(木) 17:26:38|
  2. ヒタキ科
  3. | コメント:0

キビタキ・黄鶲

キビタキ

キビタキ

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
◆先日アップの子と、同一個体かは、不明ですが、キビタキに再会できました。今回は、枝葉の被り無しで、しかも、目の前に、急に現れてくれました。〔思川流域、2017.5.9〕
◇D500+200~500

  1. 2017/05/12(金) 22:58:15|
  2. ヒタキ科
  3. | コメント:2

オオルリ・大瑠璃

オオルリ

オオルリ

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
◆帰宅途中、出逢ったオオルリです。目線よりも、かなり下方にいたのですが、上手く表現できませんでした。〔思川流域、2017.5.9〕
◇D500+200~500

  1. 2017/05/10(水) 20:51:43|
  2. ヒタキ科
  3. | コメント:0

オオルリ・大瑠璃

オオルリ

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
◆先日のオオルリです。離れた場所に移動し、再び囀っていました。この後、どこかへ飛び去りました。〔思川流域、2017.4.28〕
◇D500+200~500

  1. 2017/05/05(金) 21:37:53|
  2. ヒタキ科
  3. | コメント:0

キビタキ・黄鶲

キビタキ

キビタキ

キビタキ

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
◆キビタキです。昨日アップのオオルリに出逢った場所から、約10メートルの位置で、風景を眺めていると、目の前に現れたのが、この子でした。枝が多い位置でしたので、隙間から撮影しています。キビタキには、北海道の旅で出逢ったのが、初見ですが、流域では、初確認・初撮影、思川流域の鳥、183種となりました。〔思川流域、2017.4.28〕
◇D500+200~500

  1. 2017/04/29(土) 19:01:51|
  2. ヒタキ科
  3. | コメント:0

オオルリ・大瑠璃

オオルリ

オオルリ

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
◆最近、皆様が盛んにアップされている、オオルリです。いつも、木の天辺か、遠方の出逢いでした。今日は、囀りが聞こえないし、いない、と思ったら、自ら近くに来てくれました。囀りまで・・・。とても、良い子でした。ちなみに、オオルリは、栃木県の鳥となっています。〔思川流域、2017.4.28〕
◇D500+200~500

  1. 2017/04/28(金) 20:35:50|
  2. ヒタキ科
  3. | コメント:0

トラツグミ・虎鶫

トラツグミ

トラツグミ

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
◆瘋癲のトラさんが、6年ぶりに帰って来ました。恥ずかしいのか、申し訳ないと思っているのか、日陰で採餌していました。まあ、6年前は、もっと、暗い場所での出逢いでしたが・・・。トラツグミ、2度目の出逢いとなりました。〔思川流域、2017.2.12〕
◇D500+200~500

  1. 2017/04/09(日) 20:53:07|
  2. ヒタキ科
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

おもいがわ・omoigawa

Author:おもいがわ・omoigawa
◆思川流域の自然を、画像で紹介する素人です。カメラを担いで、毎日、散歩しています。でも、良い画像は、撮れません。どこかで、お逢いできるかも・・・。


◆カメラ
ニコン
・D70(2005~2012)
・D300(2007~)
・D500(2016~)
・D800(2013~)
フジフィルム
・FINEPIX SL1000(2013~)


◆レンズ
ニコン
・18~70ミリF3.5-4.5G・DX
・28~70ミリF3.5-4.5D
・70~300ミリF4.5-5.6G・VR
・200~500ミリF5.6E・VR
シグマ
・120~400ミリF4.5-5.6・OS
ニコン
・45ミリF2.8P
・50ミリF1.4D
・60ミリマイクロF2.8G
・500ミリF4G・VR(2013~)


◆主目的は、リハビリ散歩ですので、99パーセント手持ちで撮影しています。

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

カテゴリ

◆ごあいさつ (1)
★思川の紹介 (2)
★思川流域の風景 (38)
★思川流域の鳥 (9)
アトリ科 (46)
イワヒバリ科 (2)
ウ科 (14)
ウグイス科 (37)
エナガ科 (22)
カイツブリ科 (21)
カッコウ科 (3)
カモメ科 (11)
カモ科 (93)
カラス科 (30)
カワガラス科 (0)
カワセミ科 (19)
キクイタダキ科 (1)
キツツキ科 (29)
キジ科 (22)
クイナ科 (8)
ゴジュウカラ科 (2)
サギ科 (67)
シギ科 (102)
シジュウカラ科 (25)
スズメ科 (5)
セイタカシギ科 (7)
セキレイ科 (41)
セッカ科 (3)
センニュウ科 (3)
タカ科 (127)
タマシギ科 (5)
チドリ科 (61)
ツグミ科 (53)
ツバメ科 (12)
ツバメチドリ科 (5)
トキ科 (6)
ハタオリドリ科 (7)
ハト科 (6)
ハヤブサ科 (40)
ヒタキ科 (37)
ヒバリ科 (10)
ヒヨドリ科 (4)
フクロウ科 (21)
ホオジロ科 (51)
ミサゴ科 (10)
ムクドリ科 (5)
メジロ科 (18)
モズ科 (25)
ヨシキリ科 (6)
レンジャク科 (7)
★思川流域の昆虫 (19)
アゲハチョウ科 (42)
シジミチョウ科 (44)
シロチョウ科 (32)
ジャノメチョウ科 (4)
セセリチョウ科 (16)
タテハチョウ科 (63)
アゲハモドキ科 (1)
アオイトトンボ科 (3)
イトトンボ科 (4)
オニヤンマ科 (4)
カワトンボ科 (7)
サナエトンボ科 (4)
トンボ科 (32)
ヤンマ科 (2)
バッタ科 (5)
カミキリムシ科 (2)
★思川流域の植物 (58)
★思川流域の魚 (5)
★思川流域の諸動物 (48)
★諸地域の諸事象 (1)
★諸思川の風景 (1)
◇栃木県の動植物 (1)
◇北海道の動植物 (188)
◇富山県の動植物 (2)
☆お知らせ (37)
◆開発計画地情報 (42)
レンカク科 (2)
ムシクイ科 (1)
ミソサザイ科 (2)
コウノトリ科 (3)

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード