思川-自然の館-

自然の館へ、ようこそ・・・。栃木県を流れる思川流域の自然を画像で紹介しています。

コマドリ

コマドリ

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
◆前回コマドリの別画像です。〔思川水系、2018.5.17〕
◇D500+200~500

スポンサーサイト
  1. 2018/06/18(月) 19:44:06|
  2. ヒタキ科
  3. | コメント:0

コマドリ

コマドリ

コマドリ

コマドリ

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
◆前回アップの別画像です。〔思川水系、2018.5.17〕
◇D500+200~500

  1. 2018/06/09(土) 20:12:49|
  2. ヒタキ科
  3. | コメント:0

コマドリ

コマドリ

コマドリ

コマドリ

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
◆コマドリです。数年前から出逢いを期待して探していましたが、なかなか出逢えませんでした。昨年、知人から情報を頂戴し、通いましたが確認できずでした。今季も、数回、通いましたが、×。来季に期待しようと、思っているところに、情報が・・・。早速、訪問してみました。しかし、またも姿は、見えず、諦めて帰ろうと・・・。残念と思いながら、なんとなく後ろを振り向くと、奥の木々の間に、この子の姿が輝いていました・・・。やっと、出逢うことができました。思川流域の鳥、190種となりました。知人には、感謝・感謝です。ちなみに、この子は、餌付け個体ではありません。〔思川水系、2018.5.17〕
◇D500+200~500

  1. 2018/05/31(木) 17:27:07|
  2. ヒタキ科
  3. | コメント:0

ツグミ

ツグミ

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
◆今日の散歩で出逢った、お馴染みのツグミです。夏鳥が来て、仲間は旅立ち、旅鳥が通過して行くので、冬鳥の、この子も考えているようでした。〔渡良瀬遊水地、2018.4.20〕

  1. 2018/04/20(金) 20:20:29|
  2. ヒタキ科
  3. | コメント:0

ハチジョウツグミ

ハチジョウツグミ

ハチジョウツグミ

ハチジョウツグミ

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
◆ハチジョウツグミです。今季、知人から情報を貰っていましたが、出逢えず、残念に思っていました。ところが、そこから、約8キロ離れた場所を散歩していると、ツグミが十数羽、点在していました。撮影しようと、一番、近くの個体にレンズを向けると、何と、この子が・・・。しかし、直ぐに、飛ばれてしまったので、翌日も行ってみましたが、ツグミのみでした。翌々日も、行きましたが、今度は、ツグミの姿も消えていました。初確認・初撮影、思川流域の鳥、188種となりました。〔思川流域、2018.4.2〕
◇D500+200~500

  1. 2018/04/08(日) 21:15:09|
  2. ヒタキ科
  3. | コメント:0

ツグミ

ツグミ

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
◆お馴染みの、ツグミです。連休の時期までいる個体もいるのですが、すでに、旅立った子たちもいます。旅立つ前に、1枚撮らせてもらいました。〔渡良瀬遊水地、2018.4.3〕
◇D500+200~500

  1. 2018/04/07(土) 20:49:11|
  2. ヒタキ科
  3. | コメント:0

ノビタキ

ノビタキ

ノビタキ

ノビタキ

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
◆本日、出逢ったノビタキの雄です。春の渡りの途中のようです。秋の渡りには、何度も出逢っていますが、春の渡りでは、2度目の出逢いです。北海道の旅で完全な夏羽の子に出逢っていますが、この子も、かなり、夏羽に・・・。こちらで、ここまで黒い子に出逢うのは、初です。どこまで、旅をするのでしょう。北の大地?、それとも、途中の高原で子作りでしょうか・・・。〔渡良瀬遊水地、2018.4.3〕

  1. 2018/04/03(火) 22:12:35|
  2. ヒタキ科
  3. | コメント:0

ジョウビタキ

ジョウビタキ

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。」
◆ジョウビタキの雌。出逢いは、多いのですが・・・。微笑んで欲しかった・・・。〔渡良瀬遊水地、2018.1.20〕
◇D500+200~500

  1. 2018/01/27(土) 19:52:13|
  2. ヒタキ科
  3. | コメント:0

ジョウビタキ

ジョウビタキ

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
◆薮中のジョウビタキの雌です。ピンは、前の枯葉、残念・・・。〔渡良瀬遊水地、2018.1.10〕

  1. 2018/01/11(木) 18:23:52|
  2. ヒタキ科
  3. | コメント:0

ルリビタキ

ルリビタキ

ルリビタキ

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
◆1枚目、日陰で食べ物を探していた、ルリビタキ・・・。明るい場所に出て来ました。嘴に何か・・・。2枚目、日陰のルリビタキです。同一個体です。〔思川流域、2018.1.5〕
◇D500+200~500

  1. 2018/01/06(土) 18:47:51|
  2. ヒタキ科
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

おもいがわ・omoigawa

Author:おもいがわ・omoigawa
◆思川流域の自然を、画像で紹介する素人です。カメラを担いで、毎日、散歩しています。でも、良い画像は、撮れません。どこかで、お逢いできるかも・・・。


◆カメラ
ニコン
・D70(2005~2012)
・D300(2007~)
・D500(2016~)
・D800(2013~)
フジフィルム
・FINEPIX SL1000(2013~)


◆レンズ
ニコン
・18~70ミリF3.5-4.5G・DX
・28~70ミリF3.5-4.5D
・70~300ミリF4.5-5.6G・VR
・200~500ミリF5.6E・VR
シグマ
・120~400ミリF4.5-5.6・OS
ニコン
・45ミリF2.8P
・50ミリF1.4D
・60ミリマイクロF2.8G
・500ミリF4G・VR(2013~)


◆主目的は、リハビリ散歩ですので、99パーセント手持ちで撮影しています。

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

カテゴリ

◆ごあいさつ (1)
★思川の紹介 (2)
★思川流域の風景 (41)
★思川流域の鳥 (10)
アトリ科 (46)
イワヒバリ科 (2)
ウ科 (15)
ウグイス科 (38)
エナガ科 (23)
カイツブリ科 (21)
カッコウ科 (3)
カモメ科 (12)
カモ科 (94)
カラス科 (30)
カワガラス科 (0)
カワセミ科 (19)
キクイタダキ科 (1)
キツツキ科 (30)
キジ科 (25)
クイナ科 (8)
ゴジュウカラ科 (2)
サギ科 (74)
シギ科 (103)
シジュウカラ科 (29)
スズメ科 (7)
セイタカシギ科 (7)
セキレイ科 (41)
セッカ科 (3)
センニュウ科 (9)
タカ科 (132)
タマシギ科 (5)
チドリ科 (64)
ツグミ科 (53)
ツバメ科 (12)
ツバメチドリ科 (5)
トキ科 (6)
ハタオリドリ科 (7)
ハト科 (6)
ハヤブサ科 (42)
ヒタキ科 (44)
ヒバリ科 (11)
ヒヨドリ科 (4)
フクロウ科 (21)
ホオジロ科 (51)
ミサゴ科 (10)
ムクドリ科 (6)
メジロ科 (18)
モズ科 (25)
ヨシキリ科 (10)
レンジャク科 (7)
★思川流域の昆虫 (19)
アゲハチョウ科 (44)
シジミチョウ科 (44)
シロチョウ科 (32)
ジャノメチョウ科 (4)
セセリチョウ科 (16)
タテハチョウ科 (64)
アゲハモドキ科 (1)
アオイトトンボ科 (3)
イトトンボ科 (5)
オニヤンマ科 (9)
カワトンボ科 (7)
サナエトンボ科 (6)
トンボ科 (34)
ヤンマ科 (3)
バッタ科 (5)
カミキリムシ科 (2)
★思川流域の植物 (58)
★思川流域の魚 (7)
★思川流域の諸動物 (52)
★諸地域の諸事象 (1)
★諸思川の風景 (1)
◇栃木県の動植物 (1)
◇北海道の動植物 (188)
◇富山県の動植物 (2)
☆お知らせ (37)
◆開発計画地情報 (42)
レンカク科 (2)
ムシクイ科 (1)
ミソサザイ科 (5)
コウノトリ科 (11)

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード