FC2ブログ

思川-自然の館-

自然の館へ、ようこそ・・・。栃木県を流れる思川流域の自然を画像で紹介しています。

オオヒバリ・ヒバリ

オオヒバリ

オオヒバリ

ヒバリ

ヒバリ

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
◆愛車で走行していると、道路脇の麦畑に僅かに動くものが、注意して観ると、1枚目の子が伏せていました。このまま、ほとんど動きませんでしたので、怪我をしているのでは、と思うほどでした。何だろう、と思いながら撮影。ヒバリのように思いましたが、冠羽を立てていませんでしたし、素人には、直ぐに判断できませんでした。近くなので、いつも見るヒバリよりも、やや大きくも感じました。帰宅して、PCで拡大し、図鑑で比較すると、やはり、ヒバリのようでしたが・・・。そこで、持っている図鑑を、全て開いてみると、永井真人著・茂田良光監修の『鳥くんの比べて識別野鳥図鑑670第2版』に、亜種オオヒバリが掲載されていました。そこには、亜種オオヒバリは他亜種より大きく、後指の爪が著しく長い、と記されていました。そこで、1枚目を2枚目のように拡大してみました。すると、爪の長さがかなり長いことが分かりました。爪の長さは、指の長さの倍ほどありました。その時、これは、オオヒバリだと思い込みました。しかし、持っている他の図鑑では、亜種ヒバリと亜種オオヒバリの野外識別は、困難と記されていました。
◆そこで、過去に撮影したヒバリの爪を確認しようと探しましたが、長さが分かる画像・個体は、3枚目の個体のみでした。4枚目は、その拡大です。この個体は、指の長さと爪の長さが同じでした。つまり、爪の長さが前者の半分であることが分かりました。差は、明らかでした。ネットでも検索したところ、識別点は、この爪の長さの差のようでした。一方、ヒバリの研究は進んでいないという記述もありました。身近な種なのにと、素人散歩人は、ビックリしました。
◆そこで、素人判断することにし、前者をオオヒバリ、とすることにしました。間違っていましたら、ご教授、お願い致します。オオヒバリに位置づけますと、初確認・初撮影となりますので、思川流域の鳥、191種となります。
◆このオオヒバリは、2018.11.28、渡良瀬遊水地内での撮影。ヒバリは、2014.4.20、本流での撮影です。ただ、前者は、本流から数百メートルの位置にいました。また、これも素人判断ですが、ネット上にアップされているオオヒバリの撮影日を見ると、11月に撮影したと記されたものがありました。これは、渡りの時期と関係があるように思いました。また、後者は、4月の撮影ですので、こちらに普通にいる亜種ヒバリなのではないかと・・・。いずれにしても、何も考えずに見ていたヒバリ、今後は、注意して観て行こうと思います。

スポンサーサイト



  1. 2019/01/18(金) 12:26:57|
  2. ヒバリ科
  3. | コメント:0

ヒバリ

ヒバリ

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
◆堤防の草刈り後、放置されたロールの上で、ヒバリが盛んに歌っていました。〔渡良瀬遊水地、2018.6.26〕
◇D500+200~500

  1. 2018/06/26(火) 20:56:16|
  2. ヒバリ科
  3. | コメント:0

ヒバリ

ヒバリ

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
◆本日の散歩で出逢った、ヒバリです。今年の初囀り確認は、2月11日でした。今日は、数か所で、囀りを聞きました。春は、少しずつ・・・。〔渡良瀬遊水地、2018.2.20〕

  1. 2018/02/20(火) 17:58:26|
  2. ヒバリ科
  3. | コメント:0

ヒバリ・雲雀

ヒバリ

ヒバリ

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
河原にいた、ヒバリです。〔石ノ上橋下流、2014.4.20〕

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/04/20(日) 21:22:47|
  2. ヒバリ科
  3. | コメント:0

ヒバリ・雲雀

ヒバリ

ヒバリ

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
芝生の中にヒバリがいました。〔小山大橋下流、2013.11.5〕

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/11/16(土) 16:52:27|
  2. ヒバリ科
  3. | コメント:4

ヒバリ・雲雀

ヒバリ

ヒバリ

ヒバリ

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
今日、ノビタキとの出逢いを期待して散歩に行きましたが出逢えず・・・。でも、ヒバリが囀っていました。え~~!!、この時期に・・・???。初の出逢いです。この子は、先日、出逢ったヒバリです。〔思川流域、2013.9.30〕

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/10/03(木) 20:29:52|
  2. ヒバリ科
  3. | コメント:2

ヒバリのオナラ?

ヒバリ

ヒバリ

ヒバリ

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
昨日、北海道のヒバリをアップしましたが、今日は、思川のヒバリです。河川敷の道を、ゆっくり走行していると、左前方の木の上に、ヒバリがいました。カメラを構え、4枚連写・・・。1枚目の画像は、最初に撮影したものです。以下は、3コマ目の画像で、3枚目は、3コマ目をさらに、拡大したものです。連写している時に、この子から、パッと白い物が飛び散りました。何なのかと思いながら、帰宅してPCで確認すると、細かなゴミのような、ガスのようなものが、写っていました。これって、ヒバリのオナラ?でしょうか・・・。それとも、やはり、糞でしょうか・・・。昨日の画像とは、随分違うと思います。食事前の方、申し訳ございません・・・。〔小山大橋下流、2013.7.12〕

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/07/17(水) 16:19:21|
  2. ヒバリ科
  3. | コメント:0

ヒバリ・雲雀

ヒバリ

ヒバリ

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
久しぶりに、思川散歩に行ってみました。ヒバリに出逢いました。下の画像は、トリミング。〔石ノ上橋上流、2013.4.18〕

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/04/19(金) 05:00:00|
  2. ヒバリ科
  3. | コメント:4

ヒバリ・雲雀

ヒバリ

ヒバリ

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
ヒバリです。上空で囀ってから、地上へ降りてきました。おもいきり、トリミング。〔観晃橋下流、2013.3.7〕

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/03/10(日) 05:00:20|
  2. ヒバリ科
  3. | コメント:6

ヒバリ

ヒバリ

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
河原に、ヒバリがいました。〔両毛線鉄橋上流、2010.5.27〕

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/05/30(日) 16:13:11|
  2. ヒバリ科
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

おもいがわ・omoigawa

Author:おもいがわ・omoigawa
◆思川流域の自然を、画像で紹介する素人です。カメラを担いで、毎日、散歩しています。でも、良い画像は、撮れません。どこかで、お逢いできるかも・・・。


◆カメラ
ニコン
・D70(2005~2012)
・D300(2007~)
・D500(2016~)
・D800(2013~)
フジフィルム
・FINEPIX SL1000(2013~)

◆レンズ
ニコン
・18~70ミリF3.5-4.5G・DX
・28~70ミリF3.5-4.5D
・70~200ミリF2.8E・VR
・70~300ミリF4.5-5.6G・VR
・200~500ミリF5.6E・VR
・45ミリF2.8P
・50ミリF1.4D
・60ミリマイクロF2.8G
・500ミリF4G・VR


◆主目的は、リハビリ散歩ですので、99パーセント手持ちで撮影しています。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

カテゴリ

◆ごあいさつ (1)
★思川の紹介 (2)
★思川流域の風景 (53)
★思川流域の鳥 (10)
アトリ科 (50)
イワヒバリ科 (2)
ウ科 (15)
ウグイス科 (39)
エナガ科 (30)
カイツブリ科 (27)
カッコウ科 (4)
カモメ科 (16)
カモ科 (105)
カラス科 (35)
カワガラス科 (0)
カワセミ科 (20)
キクイタダキ科 (1)
キツツキ科 (32)
キジ科 (30)
クイナ科 (9)
コウノトリ科 (20)
ゴジュウカラ科 (3)
サギ科 (84)
シギ科 (121)
シジュウカラ科 (34)
スズメ科 (10)
セイタカシギ科 (7)
セキレイ科 (46)
セッカ科 (5)
センニュウ科 (9)
タカ科 (146)
タマシギ科 (6)
チドリ科 (77)
ツグミ科 (53)
ツバメ科 (12)
ツバメチドリ科 (7)
トキ科 (6)
ハタオリドリ科 (7)
ハト科 (6)
ハヤブサ科 (57)
ヒタキ科 (50)
ヒバリ科 (12)
ヒヨドリ科 (4)
フクロウ科 (21)
ホオジロ科 (57)
ミサゴ科 (12)
ミソサザイ科 (5)
ムクドリ科 (8)
ムシクイ科 (2)
メジロ科 (19)
モズ科 (25)
ヨシキリ科 (11)
レンカク科 (2)
レンジャク科 (7)
★思川流域の昆虫 (23)
アゲハチョウ科 (53)
シジミチョウ科 (49)
シロチョウ科 (36)
ジャノメチョウ科 (4)
セセリチョウ科 (19)
タテハチョウ科 (69)
アゲハモドキ科 (1)
アオイトトンボ科 (3)
イトトンボ科 (10)
オニヤンマ科 (9)
カワトンボ科 (8)
サナエトンボ科 (11)
トンボ科 (48)
ヤンマ科 (10)
バッタ科 (5)
カミキリムシ科 (2)
★思川流域の植物 (61)
★思川流域の魚 (7)
★思川流域の諸動物 (70)
★諸地域の諸事象 (1)
★諸思川の風景 (1)
◇栃木県の動植物 (1)
◇北海道の動植物 (224)
◇富山県の動植物 (2)
◇青森県の動植物 (2)
◆開発計画地情報 (42)
☆お知らせ (38)
ヤマトンボ科 (1)

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード