思川-自然の館-

自然の館へ、ようこそ・・・。栃木県を流れる思川流域の自然を画像で紹介しています。

はじめに

はじめに

このブログは、栃木県の中南部、ほぼ中央を南流する思川(おもいがわ)の自然を、素人カメラマンが画像で紹介するものです。

思川は、旧粟野町(現鹿沼市)の山中を水源としています。

現在の思川の範囲は、左岸が鹿沼市大字上粕尾字発光路1040番地先、右岸が字足尾又1435番地先から渡良瀬川の合流点までと位置づけられています。流路延長、77.8キロメートルほどの河川です。

しかし、昭和40年(1965)以前は、鹿沼市の粟野川(あわのがわ)との合流までを粕尾川(かすおがわ)、そこから壬生町の黒川(くろかわ)との合流までを小倉川(おぐらがわ)、その下流を思川と称していました。思川は、現在と比較すると、流域の一部のみで短かったのです。江戸時代の古文書などを見ていると、記載の異なるものもありますが、ほぼ同様の傾向がみられます。

本ブログでの思川とは、現在の思川を意識しています。また、粟野川・大芦川(おおあしがわ)・黒川・姿川(すがたがわ)などの支流・流域も含めます。流域の周辺、概ね片側約1キロの範囲をも対象とします。

また、本ブログは、先行のブログ『とぶとぶ日記』と、その思川版、『思川-自然散歩-』の中から、お気に入りの画像を中心に、少しずつアップして行きます。したがって、最新のものばかりではありませんので、ご注意ください。最新のものについては、お手数でも前記ブログを、ご覧下さい。宜しく、お願い致します。(現在は、ほぼ同じものを、アップしています。)


    平成21年(2009)8月1日(土)

                                                       おもいがわ



■対象地域の変更
本ブログでの対象地域については、「現在の思川を意識しています。また、粟野川・大芦川(おおあしがわ)・黒川・姿川(すがたがわ)などの支流・流域も含めます。流域の周辺、概ね片側約1キロの範囲をも対象とします。」と位置付けてきました。しかし、実際には、歴史性を踏まえ、上記よりも、広い範囲を対象にしていました。そこで、改めて、対象地域を、位置づけることにしました。新たな対象地域は、以下の通りです。

①これまで、最下流を現渡良瀬川と思川の合流までとしてきましたが、渡良瀬川と利根川の合流までとします。思川流域に残された古文書などを見ると、少なくとも思川流域の人々は、思川が利根川に流れ落ちているとの認識があったことが散見できます。
②このように位置づけると、渡良瀬川も思川の支流ということになります。素人ながら生態系を考慮(予想)しても、両河川は、密接な関係に有るように思えます。しかしながら、渡良瀬川流域をも対象とすることは、私の行動できる範囲を越えるものとなりますので、現状では、準流域という曖昧な位置づけとすることにし、適宜判断して対象とします。
③また、現在、渡良瀬川の支流となっている巴波川は、以前は、思川に流れ込んでいました。したがって、この支流を含めた地域も対象とします。
④渡良瀬遊水地については、これまでも思川流域に位置づけ、対象としていました。上記、①②③を踏まえて、これからも対象地域とします。

以上から、新たな対象地域は、上流は前日光地域。下流は現渡良瀬川と利根川合流地域。東は、思川支流・水系地域。西は巴波川支流・水系地域。場合によっては、渡良瀬川支流・水系地域とします。〔2014.5.15追記〕


【おねがい】
◆動植物の種類などを記していますが、素人ですので間違いがあると思います。その際は、ご教授ください。訂正します。
◆コメントを頂戴できたら幸いです。しかし、ご返事できない場合があります。その際は、お許し下さい。
◆コメントを頂戴した場合、頂戴した方にアクセスさせて戴きます。しかし、どのような方なのか、不明な場合、コメントに問題があると判断した場合は、申し訳ございませんが、削除させていただきます。
◆素人が撮影した画像ですから、お使いになる方は、いないと思います。それでも、ご使用されたい場合は、ご連絡、お願い致します。

スポンサーサイト
  1. 2009/08/04(火) 17:38:13|
  2. ◆ごあいさつ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

おもいがわ・omoigawa

Author:おもいがわ・omoigawa
◆思川流域の自然を、画像で紹介する素人です。カメラを担いで、毎日、散歩しています。でも、良い画像は、撮れません。どこかで、お逢いできるかも・・・。


◆カメラ
ニコン
・D70(2005~2012)
・D300(2007~)
・D500(2016~)
・D800(2013~)
フジフィルム
・FINEPIX SL1000(2013~)


◆レンズ
ニコン
・18~70ミリF3.5-4.5G・DX
・28~70ミリF3.5-4.5D
・70~300ミリF4.5-5.6G・VR
・200~500ミリF5.6E・VR
シグマ
・120~400ミリF4.5-5.6・OS
ニコン
・45ミリF2.8P
・50ミリF1.4D
・60ミリマイクロF2.8G
・500ミリF4G・VR(2013~)


◆主目的は、リハビリ散歩ですので、99パーセント手持ちで撮影しています。

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

カテゴリ

◆ごあいさつ (1)
★思川の紹介 (2)
★思川流域の風景 (37)
★思川流域の鳥 (9)
アトリ科 (46)
イワヒバリ科 (2)
ウ科 (13)
ウグイス科 (34)
エナガ科 (19)
カイツブリ科 (14)
カッコウ科 (3)
カモメ科 (9)
カモ科 (79)
カラス科 (29)
カワガラス科 (0)
カワセミ科 (19)
キクイタダキ科 (1)
キツツキ科 (28)
キジ科 (20)
クイナ科 (8)
ゴジュウカラ科 (1)
サギ科 (51)
シギ科 (94)
シジュウカラ科 (23)
スズメ科 (2)
セイタカシギ科 (6)
セキレイ科 (37)
セッカ科 (1)
センニュウ科 (2)
タカ科 (121)
タマシギ科 (4)
チドリ科 (54)
ツグミ科 (52)
ツバメ科 (12)
ツバメチドリ科 (4)
トキ科 (6)
ハタオリドリ科 (7)
ハト科 (6)
ハヤブサ科 (35)
ヒタキ科 (27)
ヒバリ科 (9)
ヒヨドリ科 (4)
フクロウ科 (18)
ホオジロ科 (45)
ミサゴ科 (10)
ムクドリ科 (4)
メジロ科 (16)
モズ科 (23)
ヨシキリ科 (2)
レンジャク科 (7)
★思川流域の昆虫 (19)
アゲハチョウ科 (41)
シジミチョウ科 (43)
シロチョウ科 (32)
ジャノメチョウ科 (4)
セセリチョウ科 (16)
タテハチョウ科 (62)
アゲハモドキ科 (1)
アオイトトンボ科 (3)
イトトンボ科 (2)
オニヤンマ科 (4)
カワトンボ科 (5)
サナエトンボ科 (3)
トンボ科 (30)
ヤンマ科 (2)
バッタ科 (5)
カミキリムシ科 (2)
★思川流域の植物 (52)
★思川流域の魚 (5)
★思川流域の諸動物 (42)
★諸地域の諸事象 (1)
★諸思川の風景 (1)
◇栃木県の動植物 (1)
◇北海道の動植物 (137)
◇富山県の動植物 (2)
☆お知らせ (35)
◆開発計画地情報 (42)
レンカク科 (2)

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード