FC2ブログ

思川-自然の館-

自然の館へ、ようこそ・・・。栃木県を流れる思川流域の自然を画像で紹介しています。

ミヤマガラス・ハシボソガラス

ミヤマガラス

ミヤマガラス

ミヤマガラス

ハシボソガラス

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
◆今季も、ミヤマガラスが来ています。この群は、200羽ほど。ハシボソガラスも混じっていました。最後の画像は、ハシボソガラスです。〔思川流域、2019.11.14〕

スポンサーサイト



  1. 2019/11/14(木) 18:55:11|
  2. カラス科
  3. | コメント:0

ノスリ

ノスリ

ノスリ

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
◆昆虫を狙っていた、ノスリです。〔思川流域、2019.11.4〕

  1. 2019/11/13(水) 18:08:51|
  2. タカ科
  3. | コメント:0

エナガ

エナガ

エナガ

エナガ

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
◆採餌していた、エナガです。〔思川流域、2019.11.12〕

  1. 2019/11/12(火) 19:26:01|
  2. エナガ科
  3. | コメント:0

コチョウゲンボウ

コチョウゲンボウ

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
◆何度も昆虫を追いかけていた、コチョウゲンボウです。しかし、狩りは苦手なようでした。〔思川流域、2019.10.26〕

  1. 2019/11/11(月) 20:04:24|
  2. ハヤブサ科
  3. | コメント:0

ミシシッピアカミミガメ・ミドリガメ

ミシシッピアカミミガメ

ミシシッピアカミミガメ

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
◆外来種、ミシシッピアカミミガメ(ミドリガメ)です。ほんの一部です。この他にも、ブルーギル・ブラックバス・アメリカザリガニなどが多数生息・・・。本日、散歩をしていると、ここから数百メートルのところで、生物の調査をしておられる方々と、お会いしました。どのようなものがいるのか質問してみると、外来種が多いとのことでした。
◆このカメは、北~中央アメリカが原産地だそうで、1955年ころから輸入され、縁日などで、ミドリガメの名で売られていたとか。記憶が正しければ、私が子供の頃、最初は、イシガメが売られていて、途中からミドリガメに代わったように思います。
◆子供の頃、釣りをしていると、イシガメが釣れることもありましたが・・・。先日、この近くで、子供がミドリガメを捕まえていました。空には、外来種、再導入と位置付けられたコウノトリも舞い、60年で、思川も変わりました・・・。素人には、理解できない世界に。悪いのは、人間です・・・。〔思川流域、2019.11.10〕

  1. 2019/11/10(日) 17:32:49|
  2. ★思川流域の諸動物
  3. | コメント:0

アオサギ+魚

アオサギ

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
◆アオサギが魚を咥えて飛んできました。〔思川流域、2019.11.7〕

  1. 2019/11/09(土) 19:31:28|
  2. サギ科
  3. | コメント:2

オオバン

オオバン

オオバン

オオバン

オオバン

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
◆朝晩は、寒くなってきました。今季も、オオバンが増えてきました。〔思川流域、2019.11.8〕

  1. 2019/11/08(金) 20:41:45|
  2. クイナ科
  3. | コメント:0

ヤマガラ

ヤマガラ

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
◆エゴの実を、しっかり咥え、飛び出すヤマガラです。〔思川流域、2019.10.28〕

  1. 2019/11/07(木) 18:35:03|
  2. シジュウカラ科
  3. | コメント:0

「はやにえ」その後

はやにえ

はやにえ

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
◆先日アップしました「はやにえ」その後です。昨日午前中には有ったのですが、本日、午前中には、折れて、このようになっていました。赤くなった部分に刺さっていたのですが・・・。原因は、分かりません。対岸では、モズが鳴いていました。モズは、ここまで折ることはないように思いますが・・・。もう少し、観察できると思いましたが・・・。〔思川流域、2019.11.5〕

  1. 2019/11/05(火) 20:17:39|
  2. ★思川流域の諸動物
  3. | コメント:0

ハクセキレイ

ハクセキレイ

ハクセキレイ

ハクセキレイ

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
◆お馴染みのハクセキレイです。〔思川流域、2019.1.1〕

  1. 2019/11/05(火) 18:36:01|
  2. セキレイ科
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

おもいがわ・omoigawa

Author:おもいがわ・omoigawa
◆思川流域の自然を、画像で紹介する素人です。カメラを担いで、毎日、散歩しています。でも、良い画像は、撮れません。どこかで、お逢いできるかも・・・。


◆カメラ
ニコン
・D70(2005~2012)
・D300(2007~)
・D500(2016~)
・D800(2013~)
フジフィルム
・FINEPIX SL1000(2013~)

◆レンズ
ニコン
・18~70ミリF3.5-4.5G・DX
・28~70ミリF3.5-4.5D
・70~200ミリF2.8E・VR
・70~300ミリF4.5-5.6G・VR
・200~500ミリF5.6E・VR
・45ミリF2.8P
・50ミリF1.4D
・60ミリマイクロF2.8G
・500ミリF4G・VR


◆主目的は、リハビリ散歩ですので、99パーセント手持ちで撮影しています。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

カテゴリ

◆ごあいさつ (1)
★思川の紹介 (2)
★思川流域の風景 (53)
★思川流域の鳥 (10)
アトリ科 (50)
イワヒバリ科 (2)
ウ科 (15)
ウグイス科 (39)
エナガ科 (29)
カイツブリ科 (27)
カッコウ科 (4)
カモメ科 (16)
カモ科 (105)
カラス科 (35)
カワガラス科 (0)
カワセミ科 (20)
キクイタダキ科 (1)
キツツキ科 (32)
キジ科 (30)
クイナ科 (9)
コウノトリ科 (20)
ゴジュウカラ科 (3)
サギ科 (83)
シギ科 (121)
シジュウカラ科 (34)
スズメ科 (9)
セイタカシギ科 (7)
セキレイ科 (46)
セッカ科 (5)
センニュウ科 (9)
タカ科 (145)
タマシギ科 (6)
チドリ科 (77)
ツグミ科 (53)
ツバメ科 (12)
ツバメチドリ科 (7)
トキ科 (6)
ハタオリドリ科 (7)
ハト科 (6)
ハヤブサ科 (57)
ヒタキ科 (50)
ヒバリ科 (12)
ヒヨドリ科 (4)
フクロウ科 (21)
ホオジロ科 (57)
ミサゴ科 (12)
ミソサザイ科 (5)
ムクドリ科 (8)
ムシクイ科 (2)
メジロ科 (18)
モズ科 (25)
ヨシキリ科 (11)
レンカク科 (2)
レンジャク科 (7)
★思川流域の昆虫 (23)
アゲハチョウ科 (53)
シジミチョウ科 (49)
シロチョウ科 (36)
ジャノメチョウ科 (4)
セセリチョウ科 (19)
タテハチョウ科 (69)
アゲハモドキ科 (1)
アオイトトンボ科 (3)
イトトンボ科 (10)
オニヤンマ科 (9)
カワトンボ科 (8)
サナエトンボ科 (11)
トンボ科 (48)
ヤンマ科 (10)
バッタ科 (5)
カミキリムシ科 (2)
★思川流域の植物 (61)
★思川流域の魚 (7)
★思川流域の諸動物 (70)
★諸地域の諸事象 (1)
★諸思川の風景 (1)
◇栃木県の動植物 (1)
◇北海道の動植物 (224)
◇富山県の動植物 (2)
◇青森県の動植物 (2)
◆開発計画地情報 (42)
☆お知らせ (38)
ヤマトンボ科 (1)

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード