思川-自然の館-

自然の館へ、ようこそ・・・。栃木県を流れる思川流域の自然を画像で紹介しています。

ダイサギ

ダイサギ

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
◆田んぼの道路を走行していると、休耕田に、ダイサギがいました。でも、右翼が少し垂れ下がって、怪我をしているように見えました。左右が明らかに異なっていました。昨日、オオタカが、サギたちを襲う瞬間を、2度見かけました。その時に、傷めたのかと心配しました。これでは、飛べないだろうと思った瞬間、奥の道路を、スピードを上げて通過する車が・・・。驚いたようで、仲間たちと飛び上がりました。何とか、普通に飛んで行ったので、安心しました。〔思川流域、2017.8.21〕
◇D500+200~500

スポンサーサイト
  1. 2017/08/21(月) 22:28:42|
  2. サギ科
  3. | コメント:0

アオサギ

アオサギ

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
◆昨日のアオサギです。羽繕いの途中です。〔思川流域、2017.8.19〕
◇D500+200~500

  1. 2017/08/20(日) 20:41:15|
  2. サギ科
  3. | コメント:0

アオサギ

アオサギ

アオサギ

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
◆休耕田で羽繕いをする、アオサギです。〔思川流域、2017.8.19〕
◇D500+200~500

  1. 2017/08/19(土) 19:28:47|
  2. サギ科
  3. | コメント:0

タンチョウ

タンチョウ

タンチョウ

タンチョウ

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
◆北海道野付半島で出逢った、タンチョウのカップル?です。前を飛ぶ子には、足環が付けられ、「223」の番号が・・・。 INPUTエチゼンさんが、「2014年、風連湖(別海町)生れの♂」と調べて下さいました。野付半島も別海町だったと思いますので、生まれた町で生活しているようです。INPUTエチゼンさんに、改めて、感謝致します。次回の旅で、再会できると良いのですが・・・。〔北海道、2017.6.12〕
◇D500+200~500

  1. 2017/08/18(金) 20:16:23|
  2. ◇北海道の動植物
  3. | コメント:1

アオサギ

アオサギ

アオサギ

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
◆お馴染みの、アオサギです。過日アップした北の大地のアオサギも、2羽でこんな感じでした。〔思川流域、2017.8.17〕
◇D500+200~500

  1. 2017/08/17(木) 19:51:04|
  2. サギ科
  3. | コメント:0

カイツブリのバトル

カイツブリ

108 (2) (1280x866)

125 (2)G (1280x866)

128 (2) (1280x867)

143 (2) (1280x1280)

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
◆対岸に、カイツブリのママ?と子供たち5羽がいました。子供たちは、ママ?の体の中や、背に乗って、パパ?が持って来る食べ物を待っていました。すると、ママ?が、急に子供たちを置き去りにし、鳴きながら、こちら側に、すっ飛んで来ました。草の向こうからは、バシャバシャ音がします。見える位置に移動すると、2対1のバトルが展開されていました。おそらく、右側の2羽が、パパとママだと思いますが・・・???。正直、同じ姿なので、識別できない状況に・・・。約3分間の激しい戦いでした。その間、子供たちは、対岸で体を寄せ合い、両親の帰りを待っていました。
◆2枚目、侵入者とパパ?との激しいバトルです。どちらが、パパ?なのか、この時点で、まったく分からなくなっていました。右側の子が優勢に見えますが、左側の子は、右側の子の舌を咥えています。以下、仁義なき戦いの前半戦です。北の大地では、ノビタキとカッコウの戦いが展開されていましたが、流域でも・・・。〔渡良瀬遊水地、2017.7.9〕
◇D500+200~500

  1. 2017/08/16(水) 20:18:42|
  2. カイツブリ科
  3. | コメント:0

ノビタキ

ノビタキ

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
◆今回の旅では、ハマナスと野鳥の撮影に挑戦しようと思っていたのですが、開花が遅れていたようです。後半に訪問した場所が一番開花していたのですが、失敗しました。〔北海道、2017.6.20〕

  1. 2017/08/15(火) 21:43:06|
  2. ◇北海道の動植物
  3. | コメント:0

カモメ類

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
◆北の大地で出逢った、カモメ類の群です。海無し県の流域では、出逢うことができません・・・。〔北海道、2017.6.12〕
◇D500+200~500

  1. 2017/08/14(月) 20:16:00|
  2. ◇北海道の動植物
  3. | コメント:0

コチドリ

コチドリ

コチドリ

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
◆上の画像は、今季、最初に出逢った、大好きなコチドリです。今シーズンは、この子を中心に、撮ってみようと、考えています。〔思川流域、2017.7.7・19〕
◇D500+200~500

  1. 2017/08/14(月) 07:38:14|
  2. チドリ科
  3. | コメント:0

ゴイサギ

ゴイサギ

↑ 画像をクリックすると、拡大することができます。
◆赤目のゴイサギです。〔思川流域、2017.8.12〕
◇D500+200~500

  1. 2017/08/12(土) 20:19:48|
  2. サギ科
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

おもいがわ・omoigawa

Author:おもいがわ・omoigawa
◆思川流域の自然を、画像で紹介する素人です。カメラを担いで、毎日、散歩しています。でも、良い画像は、撮れません。どこかで、お逢いできるかも・・・。


◆カメラ
ニコン
・D70(2005~2012)
・D300(2007~)
・D500(2016~)
・D800(2013~)
フジフィルム
・FINEPIX SL1000(2013~)


◆レンズ
ニコン
・18~70ミリF3.5-4.5G・DX
・28~70ミリF3.5-4.5D
・70~300ミリF4.5-5.6G・VR
・200~500ミリF5.6E・VR
シグマ
・120~400ミリF4.5-5.6・OS
ニコン
・45ミリF2.8P
・50ミリF1.4D
・60ミリマイクロF2.8G
・500ミリF4G・VR(2013~)


◆主目的は、リハビリ散歩ですので、99パーセント手持ちで撮影しています。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

カテゴリ

◆ごあいさつ (1)
★思川の紹介 (2)
★思川流域の風景 (37)
★思川流域の鳥 (9)
アトリ科 (46)
イワヒバリ科 (2)
ウ科 (14)
ウグイス科 (37)
エナガ科 (21)
カイツブリ科 (18)
カッコウ科 (3)
カモメ科 (9)
カモ科 (83)
カラス科 (29)
カワガラス科 (0)
カワセミ科 (19)
キクイタダキ科 (1)
キツツキ科 (28)
キジ科 (22)
クイナ科 (8)
ゴジュウカラ科 (2)
サギ科 (64)
シギ科 (95)
シジュウカラ科 (25)
スズメ科 (4)
セイタカシギ科 (7)
セキレイ科 (38)
セッカ科 (3)
センニュウ科 (3)
タカ科 (122)
タマシギ科 (4)
チドリ科 (57)
ツグミ科 (52)
ツバメ科 (12)
ツバメチドリ科 (4)
トキ科 (6)
ハタオリドリ科 (7)
ハト科 (6)
ハヤブサ科 (35)
ヒタキ科 (33)
ヒバリ科 (9)
ヒヨドリ科 (4)
フクロウ科 (21)
ホオジロ科 (48)
ミサゴ科 (10)
ムクドリ科 (5)
メジロ科 (16)
モズ科 (23)
ヨシキリ科 (6)
レンジャク科 (7)
★思川流域の昆虫 (19)
アゲハチョウ科 (42)
シジミチョウ科 (44)
シロチョウ科 (32)
ジャノメチョウ科 (4)
セセリチョウ科 (16)
タテハチョウ科 (63)
アゲハモドキ科 (1)
アオイトトンボ科 (3)
イトトンボ科 (4)
オニヤンマ科 (4)
カワトンボ科 (7)
サナエトンボ科 (4)
トンボ科 (31)
ヤンマ科 (2)
バッタ科 (5)
カミキリムシ科 (2)
★思川流域の植物 (57)
★思川流域の魚 (5)
★思川流域の諸動物 (44)
★諸地域の諸事象 (1)
★諸思川の風景 (1)
◇栃木県の動植物 (1)
◇北海道の動植物 (185)
◇富山県の動植物 (2)
☆お知らせ (35)
◆開発計画地情報 (42)
レンカク科 (2)
ムシクイ科 (1)
ミソサザイ科 (2)

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード